「エルンスト・アウグスト (ブラウンシュヴァイク公)」の版間の差分

m
1913年[[10月27日]]、カンバーランド公はブラウンシュヴァイク公位に対する継承権の放棄を宣言し、翌日[[連邦参議院]]はエルンスト・アウグストにブラウンシュヴァイク公を与えることを決議した。エルンスト・アウグストは同年[[11月1日]]に[[ブラウンシュヴァイク城]]で即位し、大佐に昇進して第3騎兵連隊"フォン・ツィーテン"の連隊長に任じられた。
 
[[第一次世界大戦]]中、エルンスト・アウグストは[[陸軍少将]]の地位にあった。大戦末期に[[ドイツ革命]]が勃発すると、1918年11月8日に退位宣言に署名し君主権を失い、公国は[[ヴァイマル共和政]]の[[ブラウンシュヴァイク自由州]]となった。また彼が第一次世界大戦において[[ドイツ陸軍]]で軍務に就いていたことから、イギリス王ジョージ5世が[[1919年]]に発布した[[称号剥奪法]]によって父が持っていたカンバーランド公の爵位が剥奪された。このためエルンスト・アウグストは[[1923年]]にからこが死ぬとハノーバー家称号を当主は継承しなかたが、カンバーランド公としては父の爵位剥奪と死によて断絶した。
 
1953年1月30日、マリエンブルク城で65歳で死去した。