「パイナップルボーイズ」の版間の差分

 
== 音楽性 ==
パイナップルボーイズのサウンドは、[[ベンチャーズ]]に代表されるサーフインストがベースになっている。しかしメンバー全員が生まれる前のサウンドであり、誰もサーフインストを聴いたことがなかったため、習得には相当の労力を要している。活動開始当初は、ギターの歪み禁止令、シンセ使用禁止令が出た。作曲に関しても、単純なコード4つ以内で楽曲を作れなど、かなり無茶な制約もあった。活動初期はグヤトーンが全面的に機材のサポートを行い、ギター、アンプ、各種エフェクターを提供した。キーボードは[[ハモンドオルガン|ハモンド]]社からB-250が提供された。移籍した事務所(ADO・[[カシオペア (バンド)|カシオペア]]等所属)では、比較的自由な音作りを許され、シンセやギターの歪みも解禁された。コードや編曲もモダンに変化し、フュージョン風の楽曲もあった。
 
== エピソード ==
* メンバー全員サーフィン経験が無い。