「ブロックチェーン」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎株式市場への影響: 百科事典に記載するほどの著名性・特筆性がない記事。)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
 
ブロックチェーンは[[ビットコイン]]発祥の技術ではあるものの、[[ビットコイン]]の様に管理者を置かず取引履歴も公開されているものだけではなく、管理者を置き取引履歴も非公開の形で運用することも可能である。また、採掘者(マイナー)や、コインは設計次第で必ずしも要しない。また、企業などによって運用されている既存の[[決済]]・[[ポイントサービス]]などのシステムを、記録が非公開で運用されるブロックチェーンのシステムに代替することにより、システム運用費用が削減され、取引時の手数料等の低減が期待されている<ref>「[http://jp.cointelegraph.com/news/115810/frequently-seven-misunderstanding-in-block-chainjp ブロックチェーンでよくある7つの誤解]」 CoinTelegraph Japan、2015年12月7日。</ref><ref>「[http://jp.cointelegraph.com/news/115869/what-is-the-reason-that-a-world-financial-institution-invests-in-a-block-chain-technology-as-a-favorite-of-the-fin-technical-center-all-togetherjp1 世界の金融機関がフィンテックの本命としてブロックチェーン技術にこぞって投資する理由とは?]」 CoinTelegraph Japan、2015年12月15日。</ref><ref>「[http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/121700288/121700001/ FinTechの本命、ブロックチェーン技術の魅力に迫る[1]なぜブロックチェーンはIT技術者を惹きつけるのか]」 [[ITpro]]、2015年12月21日。</ref><ref>「[http://jp.techcrunch.com/2015/10/19/blockchain/ ブロックチェーンの正体]」 [[TechCrunch|TechCrunch Japan]]、2015年10月19日。</ref><ref>「[https://thefinance.jp/fintech/160113 ブロックチェーンとは?金融業に革命を起こす新技術 入門編]」 The Finance、2016年1月13日。</ref>
 
== R3 ==
'''R3CEV LLC''' は2014年ごろにできたブロックチェーン技術開発会社である<ref>{{cite web|url = http://www.coindesk.com/r3cev-distributed-ledger-wall-street/|title = Inside R3CEV's Plot to Bring Distributed Ledgers to Wall Street|author = Stan Higgins|accessdate = July 21, 2015|work = [[CoinDesk]]}}</ref><ref>{{cite web |title=Bitcoin Technology Piques Interest on Wall St. |url=http://www.nytimes.com/2015/08/31/business/dealbook/bitcoin-technology-piques-interest-on-wall-st.html |accessdate=August 28, 2015|author=Nathaniel Popper|work=[[The New York Times]]}}</ref>。翌年にコンソーシアムを爆発的に拡大させた。2015年9月15日の参加者は次の通り。[[バークレイズ]]、[[ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行]]、[[オーストラリア・コモンウェルス銀行]]、[[クレディ・スイス]]、[[ゴールドマン・サックス]]、[[JPモルガン]]、[[ロイヤルバンク・オブ・スコットランド]]、[[ステート・ストリート]]、[[UBS]] の9社であり、ここまでは日本でも幾つかのサイトで報じられている<ref>Coin Portal [https://www.coin-portal.net/2015/09/16/1879/ 世界的な投資銀行がブロックチェーン・イニシアティブを支援] 2015/09/16</ref>。2週間後、新たに13社が参加。内訳は次の通り。[[バンカメ]]、[[バンク・オブ・ニューヨーク・メロン]]、[[シティグループ]]、[[コメルツ銀行]]、[[ドイツ銀行]]、[[HSBC]]、[[三菱UFJフィナンシャル・グループ]]、[[モルガン・スタンレー]]、[[ナショナルオーストラリア銀行]]、[[カナダロイヤル銀行]]、[[SKF]]、[[ソシエテ・ジェネラル]]、[[トロント・ドミニオン銀行]]<ref>{{cite web|url = http://www.ft.com/intl/cms/s/0/72ffd222-66be-11e5-97d0-1456a776a4f5.html|title = Blockchain initiative pulls in another 13 banks|author = Kadhim Shubber|accessdate = September 29, 2015|work = [[Financial Times]]|quote = The addition of the banks, which also include HSBC, BNY Mellon, Deutsche Bank and seven others, is a sign the industry is gathering behind R3 in one potential implementation of the distributed ledger technology behind the currency bitcoin.}}</ref>。10月28日に[[みずほ銀行]]、[[ノルデア銀行]]、[[ウニクレーディト・イタリアーノ]]が参加<ref>{{cite web|url = http://uk.reuters.com/article/2015/10/28/uk-global-banks-blockchain-idUKKCN0SM1UH20151028|title = Three banks join R3 blockchain consortium taking total to 25|author = Jemima Kelly|accessdate = October 28, 2015|work = [[Reuters]]}}</ref>。11月19日に[[パリバ]]、[[ウェルズ・ファーゴ]]、[[INGグループ]]、[[マッコーリー銀行]]、[[CIBC]]が参加<ref>{{cite web|url = http://www.reuters.com/article/2015/11/19/global-banks-blockchain-idUSL8N13E36B20151119#qjEHsbbmh1BWGfT5.97|title = R3 blockchain group adds 5 banks, brings in technology heavyweights|author = Jemima Kelly|accessdate = November 19, 2015|work = [[Reuters]]}}</ref>。12月17日には12社も加勢した。顔ぶれは以下。[[モントリオール銀行]]、[[:en:Danske Bank|Danske Bank]]、[[アンブロシアーノ銀行|インテサ]]、[[:en:Natixis|ナティクシス]]<ref>[[GPIF]]運用受託者の1つ</ref>、[[野村証券]]、[[:en:Northern Trust|ノーザン・トラスト]]、[[:en:OP Financial Group|OP Financial Group]]、[[サンタンデール銀行]]、[[スコシアバンク]]、[[三井住友銀行]]、[[:en:U.S. Bancorp|U.S. Bancorp]]、[[ウエストパック銀行]]<ref>{{}cite web| url = http://r3cev.com/s/PRESS-RELEASE-R3-distributed-ledger-initiative-grows-to-42-bank-members-and-extends-reach-FINAL.pdf|title = R3’s distributed ledger initiative grows to 42 bank members and looks to extend reach to the broader financial services community}</ref>。
 
== 脚注 ==
* [[ビットコイン]]
* [[フィンテック]]
 
== 外部リンク ==
[http://r3cev.com/ R3公式ウェブサイト]
 
{{Computer-stub}}
匿名利用者