「ラミネート加工」の版間の差分

ラミネート加工の中でもニッチな分野であるパウチ加工の事をラミネート加工として語り、それを他分野に波及させるアクロバティックな記述を改めました。
m (内部リンク修正)
(ラミネート加工の中でもニッチな分野であるパウチ加工の事をラミネート加工として語り、それを他分野に波及させるアクロバティックな記述を改めました。)
'''ラミネート加工'''(ラミネートかこう、{{lang-en|lamination}})とは、複数の材料を貼り合わせて積層させる加工を指す。
[[File:PouchLaminator.jpg|thumb|right|220px|パウチ・ラミネーター]]
'''最初から積層構造で材料を製造する場合にはラミネート加工'''(ラミネートかこう、{{lang-en|lamination}})とは呼ばれず[[紙]]の表面あくまで別々[[透明]]の[[フィルム]]製造された材料後からり合わせこと。'''場合の工程をラミネート'''、'''ラミ加工'''、'''パウチ加工'''もいう呼ぶ
貼り合わせる材料は異種の材料同士が多いが、同種同士の場合もある。
ラミネート加工は様々な産業分野で行われているが、日本においては家庭などで紙などをプラスチックフィルムで挟む'''パウチ加工'''が一般的に有名である。
 
ラミネート(laminate)という英単語はあくまで動詞であり、名詞の場合はラミネーション(lamination)であるが、日本においては名詞として「ラミネート加工」あるいは単に「ラミネート」「ラミ」が使用される場合が多い。
カードや書類などに皮膜を施すための機器をラミネーターという<ref name="jpo-card-F2">[https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/F2.pdf 意匠分類定義カード(F2)] 特許庁</ref>。このラミネーターは日本に十分普及していない時代に[[明光商会]]が広く[[TVCM]]を行った「パウチッ子」の商品名が広く知られ、ラミネート加工を施すことが俗に「'''パウチッ子する'''」<ref>「パウチッコ」「パウチっ子」などの表記ゆれも見られる。</ref>と呼ばれることもあった<ref>例えば[[1993年]]放送の[[テレビドラマ]]「[[高校教師 (1993年のテレビドラマ)|高校教師]]」の第一話にも女子高校生同士の会話中にこの表現が出てくる。</ref><ref>{{cite web | title=[[デイリーポータルZ]]24年前のパウチッ子でゴミを宝に | author=古賀及子 | url=http://portal.nifty.com/kiji/130905161644_1.htm | accessdate=2014/12/19}}</ref>。なお明光商会は既に「パウチッ子」の名を自社製品に使用しておらず、この一般名詞的用法も2014年現ではあまり用いられない。
 
== パウチ加工 ==
[[印刷物]]を[[保護]]し、[[色落ち]]・[[摩耗]]の防止、美観を良くしたり、高級感を増すことができる。不正な[[改造]]・[[改竄]]を防止することもできるため、[[定期乗車券]]や[[身分証明書]]類に用いられることもある。また[[ラミネートチューブ]]を作る際の原材料となるシートを作る際にもラミネート加工が用いられる。
[[File:PouchLaminator.jpg|thumb|right|220px|パウチ・ラミネーター]]
 
主に保護のために[[紙]]の表面に透明なプラスチックフィルム等を張り合わせる加工を指す。ラミネート加工の中では日本国内において多くの人にとって最も馴染みの深いものと言える。
一方で、フィルムと印刷物の間に[[接着剤]]を塗布しているため、塗装部が剥離すると、印刷物の表面とフィルムの間に隙間ができて、そこに入り込んだ異物を除去しにくくなることがある。
カードや書類などこの目的皮膜を施使用ためのる簡便なラミネートパウチラミネーターという<ref name="jpo-card-F2">[https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/F2.pdf 意匠分類定義カード(F2)] 特許庁</ref>。このパウチラミネーターは日本に十分普及していない時代に[[明光商会]]が広く[[TVCM]]を行った「パウチッ子」の商品名が広く知られ、パウチラミネート加工を施すことが俗に「'''パウチッ子する'''」<ref>「パウチッコ」「パウチっ子」などの表記ゆれも見られる。</ref>「'''パウチする'''」と呼ばれることもあった<ref>例えば[[1993年]]放送の[[テレビドラマ]]「[[高校教師 (1993年のテレビドラマ)|高校教師]]」の第一話にも女子高校生同士の会話中にこの表現が出てくる。</ref><ref>{{cite web | title=[[デイリーポータルZ]]24年前のパウチッ子でゴミを宝に | author=古賀及子 | url=http://portal.nifty.com/kiji/130905161644_1.htm | accessdate=2014/12/19}}</ref>。なお明光商会は既に「パウチッ子」の名を自社製品に使用しておらず、この一般名詞的用法いない事2014年現では、「パウチ」よりも「ラミネート」とられう言葉が一般的にって
 
[[パウチ加工の目的としては、印刷物]][[保護]]し、[[色落ち]][[摩耗]]の防止、美観を良くしたり、高級感を増すことができる。事にあり、また不正な[[改造]][[改竄]]を防止することもできるため[[定期乗車券]][[身分証明書]]類に用いられることもある。また[[ラミネートチューブ]]を作る際の原材料となるシートを作る際にもラミネート加工が用いられる。
なお、ラミネート加工は、[[工業製品]]に[[接着]]して密封する[[包装]]全般をも指す。新品の[[携帯電話]]の[[液晶パネル]]上に貼られている保護フィルムや、[[ホームセンター]]で販売されている[[工作]]用の[[アクリル樹脂|アクリル]]板や[[アルミ]]板の表面に貼られている保護フィルムなどがある<ref>工業用ラミネーターの例:{{Cite web|url=http://www.tanouchi.co.jp/laminator_machines.html|title=TANOUCHI IRON WORKS ラミネーター|accessdate=2012-05-11}}{{リンク切れ|date=2014年9月}}他メーカの製品も用途別に各種あり。</ref>。
 
== 脚注 ==
* [[光沢紙]]
* [[コーティング]](表面処理)
* [[防弾ガラス]] - [[ガラス]]を強化するために複数の[[素材]]を貼り合わせる製法が似ているため、ラミネート構造と呼ばれる。
* [[ラミネートチューブ]] - プラスチックシートや[[アルミ箔]]をラミネート加工したシートをチューブ状に整形したもの。
* [[レトルト食品]] - [[ナイロン]]、[[ポリエステル]]、[[ポリプロピレン]]のプラスチックフィルムや[[アルミ箔]]をラミネート加工したフィルムを袋に使用している。なお[[レトルト食品]]以外の加工食品に使用されている袋も各種プラスチックフィルムをラミネート加工した材質である。
* [[レトルト食品]] - [[パウチ]]と呼ばれる包装の構造が類似。目的も製品を保護する点で同様。
 
{{Tech-stub}}
265

回編集