メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
|use =
}}
本項では'''日本の国章'''(にっぽんのこくしょう、にほんのこくしょう)について述べる。[[日本]]では法令上明確な[[国章]]は定められていないが、伝統的に[[天皇]]が[[紋章]]として使用し、今日でも[[皇室]]が事実上の[[家紋]]として使用している'''[[菊花紋章|十六八重表菊]]'''が、慣例的に国章に準じた扱いを受けている<ref>[[商標法]] 第4条においては菊花紋は国旗と同列にて[[商標登録]]が禁止されている</ref>。国章のような扱いをしている事例としては日本の大使館ではこの「菊の御紋」が掲示されている。また戦前においては海軍の軍艦の船主には菊の御紋が取り付けられたほか郵便切手にも菊の御紋はあしらわれていた
 
[[ファイル:JapanpassportNew10y.PNG|thumb|日本の旅券]]
== 日本政府の紋章 ==
{{see also|桐紋}}
[[Fileファイル:GoshichiEmblem noof kirithe invertedPrime Minister of Japan.svg||right|thumb|300px| |[[内閣総理大臣]]紋章。'''[[桐紋|五七桐花紋]]'''は、歴史上[[皇室]]や政権担当者が紋章として使用し、[[内閣総理大臣]]・[[日本の政治|政府]]・[[内閣府]]が政府の紋章として使用している]]
[[ファイル:Asahikage.svg|thumb|right|200px|旭日章([[日本の警察]]の紋章)]]
[[File:Goshichi no kiri inverted.svg|right|thumb|300px| '''[[桐紋|五七桐花紋]]'''は、歴史上[[皇室]]や政権担当者が紋章として使用し、[[内閣総理大臣]]・[[日本の政治|政府]]・[[内閣府]]が政府の紋章として使用している]]
'''[[五七桐花紋]]'''は、歴史上[[皇室]]や政権担当者が紋章として使用し、[[内閣総理大臣]]・[[日本の政治|政府]]・[[内閣府]]が政府の紋章として使用している。
 
11,978

回編集