「バルムンク」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''バルムンク'''('''Balmung''')は、『[[ニーベルンゲンの歌]]』に登場する[[剣]]。幅広で、黄金の柄には青い[[宝石|宝玉]]が埋め込まれ、鞘は金色の打紐で巻き上げられていた<ref>『ニーベルンゲンの歌 後編』p.175。</ref>。[[北欧神話]]の[[グラム (北欧神話)|グラム]]、『[[ニーベルングの指環]]』の[[ノートゥング]]に相当する。
 
== 概要 ==
22,618

回編集