「軽油」の版間の差分

m
(→‎低硫黄化(脱硫): タイプミスを修正)
タグ: モバイルアプリ編集
主にディーゼルエンジンの燃料として用いられる。
 
[[自動車]](特に[[大型自動車|大型車]])・[[鉄道車両]]・[[船舶]]用のディーゼル燃料が日本の軽油の消費量の95%を占めるが、[[建設機械]]・[[農業機械]]の燃料、[[窯業]]・[[鉄鋼]]用の燃料、[[電力]]用補助燃料としても使用されている。高出力で[[熱効率]]([[燃費]])が良いため、負荷の大きい[[バス (交通機関)|バス]]や[[貨物自動車|トラック]]等に向いており、また[[ガソリン]]よりも[[税金]]([[軽油引取税]]等)が安い利点もある。[[西ヨーロッパ]]では日本や[[北アメリカ|北米]]に比べると、ガソリンに対する価格的なメリットが無く、車両価格においてもガソリン車のそれを上回るにも関わらず、[[自家用自動車|自家用車]]でのディーゼルエンジン搭載車両の割合が非常に高い(→[[ディーゼル自動車]])。また[[引火]]・[[爆発]]の危険が低いため[[戦車]]などの[[軍用車輌]]にも使われており、中には燃料タンクを[[装甲]]の一部としている例も見られる。
 
== 品質 ==
2,527

回編集