「ルイジアナ買収」の版間の差分

編集の要約なし
'''ルイジアナ買収'''(ルイジアナばいしゅう、Louisiana Purchase)は、[[1803年]]に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]が[[フランス]]から210万km²を超える領地を1500万ドル(現金1125万ドル + 当時の借入金375万ドルを帳消し)で買収した出来事である。
 
資金はオランダの[[ホープ商会]]とイギリスの[[ベアリング家]]がファイナンスしている。両家とフランスの関係は[[ナポレオン戦争]]終結後も続き、[[1817年]]に両家は年利8.13%から9.52%でフランス国債を引受けている。
 
== 概要 ==
匿名利用者