「陳生」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
小説『[[三国志演義]]』においては、[[長沙]]の[[孫堅]]が侵攻してきた際、[[黄祖]]に従い張虎の副将として加勢に出る。しかし、初陣の[[孫策]]に矢で射られ戦死している。
 
『[[三国志 (横山光輝の漫画)|横山三国志]]』では、劉表が派遣した[[劉備]]軍の[[張飛]]と激闘するが、討ち取られている(『三国志演義』では名が陳孫<ref>嘉靖本・黄正甫本でも陳生。</ref>となっている)。
 
==脚注==