「一色義定」の版間の差分

編集の要約なし
== 備考 ==
* 義定が謀殺された日について、『一色軍記』は[[本能寺の変]]以前の2月に殺害されたとしているが、『丹州三家物語』においては9月に殺害されたとしており、また、上宮津盛林寺の「一色満信」の位牌には9月8日と記されている。
* [[伊予国]][[高峠城]]主・[[石川通清]]の[[食客]]となった[[一色右馬三郎重之]]は、細川氏の攻撃から落ち延びた義定の三男という伝承がある<ref>[[日野和てる|日野和煦]]『[[西條誌]]』 [http://www.lib.ehime-u.ac.jp/saijo/index/No.12/103.html 巻之十二]</ref>。重之の子孫は[[庄屋|大庄屋]]として幕末を迎えた。
*「[[細川忠利|妙解院殿忠利公]]御代於豊前小倉御侍帳並軽輩末々共に」では、乗物かき小物頭の真下梶之助を一色義有の子と伝えている。
 
59

回編集