「佐藤哲三 (競馬)」の版間の差分

資料をもとに加筆改稿
(125.0.45.184 (会話) による ID:58594089 の版を取り消し)
(資料をもとに加筆改稿)
{{存命人物の出典明記|date=2015年6月}}
{{騎手
|画 = [[File:Tetsuzo-Sato20110626.jpg|280px]]
|名 = 佐藤哲三
|国 = {{JPN}}
|出 = [[大阪府]]出身<ref name="yushun1404" />([[福岡県]]出生<ref name="kimura" />
|生 = {{生年月日と年齢|1970|9|17}}<ref name="yushun1404" />
|死 =
|身 = 165.0cm0cm(2014年<!--2009ref name="yushun1404">『優駿』20141425日--号、p.90</ref>
|体 = 51.0kg<!--2009年1月25日-->0kg(〃)
|血 = O型<ref name="yushun1404" />
|団 = [[日本中央競馬会]]
|厩 = フリー
|主 = [[佐々木晶三]]
|初 = [[1989年]]
|区 = 平地
|引 = [[2014年]][[10月12日]]
|重 = 54勝(中央45勝、地方9勝)
|G1 = 11勝(中央6勝、地方5勝)
|G1 = [[朝日杯フューチュリティステークス|朝日杯3歳S]](1996年)<br />[[ジャパンカップ]](2003年)<br />[[宝塚記念]](2004年・2011年)<br />[[チャンピオンズカップ (中央競馬)|ジャパンカップダート]](2009年)<br />[[フェブラリーステークス|フェブラリーS]](2010年)<!--2010年2月21日-->
|通 = 10686戦954勝<br />(中央10570戦938勝、地方114戦16勝、国外2戦0勝)
|所 = 1989年-1995年 [[吉岡八郎]]([[栗東トレーニングセンター|栗東]])<br />1995年 -2014年 フリー (栗東)
}}
'''佐藤 哲三'''(さとう てつぞう、[[1970年]][[9月17日]]<ref name="yushun1404" /> - )は、[[日本中央競馬会]](JRA)(JRA)に所属の元した[[騎手]]である
 
1989年にデビュー。1996年に[[マイネルマックス]]で[[朝日杯フューチュリティステークス|朝日杯3歳ステークス]]を制し、[[競馬の競走格付け|GI競走]]を初制覇。2000年代以降は[[タップダンスシチー]]、[[エスポワールシチー]]、[[アーネストリー]]といった騎乗馬で数々のGI・JpnI競走を制し、タップダンスシチーとアーネストリーの管理調教師・[[佐々木晶三]]とも名コンビをうたわれた。2012年11月に競走中の落馬で重傷を負い、以後騎乗のないまま2014年10月に引退。以後は主に競馬評論家として活動している。
競馬新聞での表記は、[[佐藤聖也]]らがいたため一時期「佐藤哲」だったが、2010年2月の佐藤聖也の騎手免許返上による取り消しに伴って佐藤姓が[[中央競馬]]で一人となり、「佐藤」に戻っていた<ref>放送番組においては「佐藤哲」で表示する場合が多い。</ref>。
 
== 歴 ==
=== 生い立ち - 騎手デビューまで ===
* [[1989年]]に[[栗東トレーニングセンター|栗東]]の[[吉岡八郎]]厩舎所属でデビュー。同期に[[田中勝春]]、[[角田晃一]]がいる。
1970年、[[福岡県]][[北九州市]][[黒崎 (北九州市)|黒崎]]に生まれる<ref name="kimura">木村(1998)pp.401-408</ref>。1歳のとき父親の転勤に伴い[[大阪府]][[泉佐野市]]に移り、以後同地で育つ<ref name="kimura" />。[[住之江競艇場]]が近かったこともあり、中学時代には競艇選手になることも考えていたが、1984年の[[ジャパンカップ]]において日本馬初優勝を果たした[[カツラギエース]]らの走りをみて騎手を目指そうと思い立ち、[[競馬学校|JRA競馬学校]]を受験し合格<ref name="kimura" />。1986年より第5期生として入所した<ref name="kimura" />。同期には[[田中勝春]]、[[角田晃一]]、[[山田大誠]]らがいる<ref name="kimura" />。2年次の研修は[[栗東トレーニングセンター]]・[[吉岡八郎]]厩舎で行った<ref name="kimura" />。
** 初騎乗は同年[[3月4日]][[中京競馬場|中京競馬]]第4競走のトーアチョモランマで、10頭立ての9着だった。初勝利は同年[[4月30日]][[京都競馬場|京都競馬]]第6競走を、キョウワトワダに騎乗し勝利した。
* [[重賞]]初勝利は[[1992年]]の[[朝日チャレンジカップ]]で、[[レットイットビー (競走馬)|レットイットビー]]に騎乗しての勝利だった。
* [[1995年]]からフリーの騎手となる。
* [[グレード制|GI]]初勝利は[[1996年]][[12月8日]]、[[朝日杯フューチュリティステークス|朝日杯3歳ステークス]]。マイネルマックスに騎乗し制覇した。2勝目は[[2003年]][[11月30日]][[東京競馬場]]での[[ジャパンカップ]]。[[タップダンスシチー]]に騎乗して、雨は止んだものの重馬場となったコースを大逃げし、2着の[[ザッツザプレンティ]]に9馬身差をつけての快勝だった。タップダンスシチーとのコンビでは翌年の[[宝塚記念]]も制した。中央GI通算6勝を挙げている。
* [[2004年]][[10月3日]]、[[フランス]]の[[ロンシャン競馬場]]での[[凱旋門賞]]にタップダンスシチーに騎乗して挑戦。航空機トラブルでタップダンスシチーの現地入りが遅れた影響もあってか、17着に終わった。
* [[2007年]]序盤、[[落馬]]して[[肩甲骨]]を[[骨折]]し、長期休養を余儀なくされたが、[[4月21日]]の京都競馬で復帰した。[[12月1日]]にこの年2度目の落馬で、左第4・5腰椎横突起骨折、左腸骨亀裂骨折、右足部挫傷、腰部挫傷と診断され、病院で精密検査を受けている<ref>[http://www.nikkansports.com/race/f-rc-tp0-20071201-290261.html 佐藤哲が落馬負傷] 日刊スポーツ (2007-12-1).</ref>。
* [[2009年]][[5月5日]]、[[エスポワールシチー]]に騎乗し、[[かしわ記念]]に勝利。地方交流GI競走初勝利となった。
* 2009年[[12月6日]]、エスポワールシチーに騎乗し、[[チャンピオンズカップ (中央競馬)|ジャパンカップダート]]に勝利。芝とダートの両方でジャパンカップを制覇した5人目の騎手となった。
* [[2011年]][[6月26日]]、[[アーネストリー]]に騎乗し、[[宝塚記念]]を制覇。
* [[2014年]][[9月16日]]、後述の落馬事故より、現役復帰をかけて懸命にリハビリに励んだが、復帰叶わず現役引退を表明。
* 2014年[[10月12日]]、京都競馬場ウィナーズサークルにて最終競走後、引退式挙行。引退後は競馬評論家([[日刊スポーツ新聞西日本]]専属<ref>[http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20140927-1373398.html 佐藤哲三10・18ニッカン評論家デビュー]</ref>)となり、同時に[[大山ヒルズ]]の騎乗技術アドバイザーに就任した。<ref>[http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_4406.html 佐藤哲三騎手 引退式のコメント [News]] - ラジオNIKKEI競馬実況Web</ref>。
* 2014年[[10月19日]] この日より、[[MBSラジオ]]「[[GOGO競馬サンデー!]]」のメインパーソナリティー兼解説者に就任することが決まった<ref>[http://www.mbs1179.com/keiba/in-line/sato.html 佐藤哲三元JRA騎手、GOGO競馬サンデーレギュラー出演決定]</ref>
 
=== 落馬事故・引退騎手時代 ===
1989年3月4日、吉岡八郎厩舎所属で騎手としてデビュー。初戦は中京競馬第4競走でチョモランマに騎乗し9着<ref name="kimura" />。4月30日、キョウワトワダに騎乗し通算29戦目で初勝利を挙げた<ref name="kimura" />。初年度は8勝という成績に終わったが、2年目には27勝、3年目は33勝、4年目には騎乗馬レットイットビーによる重賞([[朝日チャレンジカップ]])初勝利を含む38勝と成績を上げていった<ref name="kimura" />。
[[2012年]][[11月24日]]の[[京都競馬場]]において、佐藤は第10競走の高雄特別でトウシンイーグルに騎乗し、「淀の坂」と呼ばれる京都外回りコースの急坂を下りきった直後にバランスを崩し、直線入り口付近で落馬。トップスピードの競走馬から振り落とされた佐藤は、芝の上を高速で滑りながら内回りコースの柵の支柱に激突。これにより佐藤は、
*左[[上腕骨]][[骨折|開放骨折]]
*左[[肩甲骨]]骨折
*L4([[腰椎]])横突起骨折
*左[[尺骨]]骨折
*右[[大腿骨]]骨幹部骨折
*左足[[関節]]脱臼骨折
*右第一[[肋骨]]骨折
*右肘関節(尺骨)脱臼
*右下腿部裂創
*外傷性[[気胸]]
という重傷を負った<ref>[http://pc.keibalab.jp/topics/16877/ 落馬で重傷を負った佐藤哲三騎手「待ってくれている人たちもいる」] 競馬ラボ (2013-03-06)、このほか負傷直後に合併症として感染症を発症している。</ref>。
 
しかし5年目には落馬事故で[[鎖骨]]を複雑骨折する重傷を負って休養し、当年12勝と成績を落とす。翌年も23勝に終わると、その年末に吉岡から「一度外に出た方が勉強になる。その方がお前のためにも良い」と諭され、翌1995年より吉岡厩舎を離れフリーとなる<ref name="kimura" />。すると[[中村均]]、[[清水出美]]、[[小林稔 (競馬)|小林稔]]といった調教師から積極的に起用され<ref name="kimura" />、当年67勝を挙げて全国10位(関西5位)の位置につける<ref>『優駿』1996年2月号、p.116</ref>。1996年12月には中村厩舎の[[マイネルマックス]]で朝日杯3歳ステークスを制し、GI競走を初制覇<ref>『優駿』1997年1月号、p.39</ref>。当年は自己最高の70勝を挙げ、全国8位(関西4位)に付けた<ref>『優駿』1997年2月号、p.116</ref>。
この負傷により佐藤は左腕の血管および神経を損傷。左腕の神経は負傷後3ヶ月で親指がようやく動く<ref>[http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20130301-1091598.html 昨年落馬で大ケガの佐藤が復帰へ思い語る] 日刊スポーツ 2013年3月1日。</ref>というレベルの重篤なものであった。その後復帰を目指し6度の手術とリハビリを続けてきたが復帰は叶わず<ref>[http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2014/09/16/0007334926.shtml 佐藤哲三騎手が引退表明「楽しかった」] デイリースポーツ 2014年9月16日</ref>、2014年9月16日、10月12日をもって引退すると発表された<ref name=JRA20140916>[http://www.jra.go.jp/news/201409/091601.html 佐藤 哲三騎手が引退] 日本中央競馬会 2014年9月16日</ref>。
 
2003年には[[タップダンスシチー]]で[[ジャパンカップ]]を制覇。9馬身という競走史上最大着差での勝利であった。同馬とはさらに2004年にも[[宝塚記念]]に優勝。タップダンスシチーは非常に乗り難しい馬という評判であったが、佐藤自身は「僕は最初から乗りこなそうとせず、御さずになんとかしようと思った。結果的にそれが御したような形になり、勝利に結びついた。タップは僕の騎乗スタイルの原型を作ってくれた馬」と述べている<ref name="yushun1410">『優駿』2014年11月号、pp.61-65</ref>。また、タップダンスシチーとの出会いは、後に佐藤と名コンビをうたわれる調教師・[[佐々木晶三]]との繋がりが生まれるきっかけともなった<ref name="yushun1410" />。
== 人物・エピソード ==
[[File:Espoir-City20111106.jpg|thumb|300px|エスポワールシチーと佐藤。]]
* 佐藤が騎手を目指したのは1984年の[[ジャパンカップ]]で[[カツラギエース]]が逃げ切り勝ちをしたことに感銘を受けてのこと。それから19年後の2003年佐藤自身もジャパンカップで逃げ切り勝ちを収めることになる。
2009年から2012年にかけては、[[エスポワールシチー]]とのコンビでダートGI・JpnI競走7勝を挙げる。佐藤は同馬が未勝利の頃からその将来性を見抜き、調教師の[[安達昭夫]]と連携しながら思い描く形へと導き、GI制覇に至らしめたのであった<ref name="yushun1004">『優駿』2010年4月号、pp.56-57</ref>。中央GI2勝目を挙げた[[フェブラリーステークス]]優勝時、安達は「彼がいなければ間違いなく今のエスポワールシチーはなかった」と評し<ref name="yushun1004" />、佐藤自身も「まれに見るほどすべてがうまく運び、イメージ以上に作れた馬」と語っている<ref>『優駿』2010年10月号、p.76</ref>。また、2011年には佐々木厩舎の[[アーネストリー]]で[[宝塚記念]]も制した<ref name="yushun1410" />。同馬は「エスポワールシチーで成功したことを、今度は芝で試したい」という考えのもとで試行錯誤をし、「走る軌道によって体が入りやすくなることが分かり、それがはまりだしてからはトントン拍子だった」という<ref name="yushun1410" />。
* 栗東の[[佐々木晶三]]厩舎と非常に相性が良く、[[2002年]]以降に挙げたJRA重賞27勝の内、19勝は佐々木晶三厩舎の所属馬で挙げたものである。
 
* 人気馬を自ら潰しにかかる騎乗スタイルは、格上馬が出走すると最初から2着狙いが見られるようになったと言われる騎手の中ではめずらしく、馬券派の[[競馬ファン]]から支持されている。
2012年11月24日、京都競馬第10競走(騎乗馬トウシンイーグル)における最後の直線で落馬。内埒に激突し、全身7カ所の骨折に加え、外傷性気胸、右下腿部裂創、右肘関節脱臼という重傷を負った<ref name="yushun1410" />。落馬した騎手が鉄製の支柱に衝突する危険性は、従前から騎手クラブが指摘しており、競馬会と改善についての議論が行われていた最中の出来事であった。この事故で佐藤は入院、当時騎乗していた佐々木厩舎の有力馬・[[キズナ (競走馬)|キズナ]]は[[武豊]]に乗り替わることになり、同馬は翌2013年に東京優駿(日本ダービー)に優勝。このとき武は「彼''(注:佐藤)''の悔しさも、また、騎手としての覚悟も分かるから、彼の思いをきちんと胸に抱いて乗りたい、という気持ちがありました」と語っている<ref>『優駿』2013年7月号、p.51</ref>。
* [[四位洋文]]、[[藤岡佑介]]と同様に大の[[競艇]]好きであり、ジョッキーの間では「哲三先生」と呼ばれるほど精通している(競艇専門誌「[[競艇マクール]]」の「俺もボートファンだ!」でインタビューを受けている)。年末の[[賞金王決定戦]][[特別番組|特番]]に出演するなど、メディア露出は競艇関連が大半を占めている。<ref>[http://www.j-grip.com/jockey/sato/media.html 佐藤哲三メディア情報] Grip</ref>
 
* [[2004年]]の宝塚記念を勝利した際、使用していたゴーグル、鞭、さらには[[ヘルメット]]までも観客席に投げ入れるパフォーマンスを見せている。[[2009年]]には[[かしわ記念]]を勝利した際も鞭を観客席に投げ入れるパフォーマンスを見せている。
一方の佐藤は、医師の予想より早く事故から2カ月後に自力で立てるようになったものの、事故当時[[毛細血管]]2本のみで繋がっていたという左腕の回復は進まなかった<ref name="yushun1410" />。6度の手術を行い、リハビリも続けていたがついに復帰は叶わず、2014年9月16日に引退を表明<ref name="yushun1410" />。10月12日、京都競馬場で引退式が行われた<ref name="yushun1410" />。騎手通算成績は10686戦954勝<ref name="yushun1410" />。
* 競馬人生26年の中でベストレースは、[[2011年]]の第52回宝塚記念([[アーネストリー]]騎乗)を、ワーストレースは[[2000年]]の第60回皐月賞([[ラガーレグルス]]に騎乗したが、ゲート内で馬が立ち上がり、振り落とされて落馬。競走中止)と引退会見にて語った。
 
=== 騎手引退後 ===
引退後は競馬評論家として活動し、『[[日刊スポーツ]]』において競馬予想を行っている<ref>{{Cite web |url=https://web.archive.org/web/20150320024117/http://www.nikkansports.com/kitty/konohito/konohito11.html |title=<第11回:この人に聞キティ>佐藤哲三元騎手 |accessdate=2016年3月9日 |date=2014-9-27}}</ref>ほか[[MBSラジオ]]「[[GOGO競馬サンデー!]]」にレギュラーコメンテーターとして出演する<ref>{{Cite web |url=https://web.archive.org/web/20160305024221/http://www.mbs1179.com/keiba/in-line/sato.html |title=佐藤哲三元JRA騎手、GOGO競馬サンデーレギュラー出演決定 |accessdate=2016年3月9日 |date=}}</ref>。また、騎手引退時には[[ノースヒルズ]](アーネストリー、キズナらの馬主)が運営する育成施設・[[大山ヒルズ]]の騎乗技術アドバイザーに就任することも発表された<ref>{{Cite web |url=https://web.archive.org/web/20160304103443/http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_4406.html |title=佐藤哲三騎手 引退式のコメント |accessdate=2016年3月9日 |date=2014-10-12}}</ref>。
 
== 人物 ==
=== ギャンブルレーサー ===
騎手として目指した姿は「一流のホースマンではなく、一流のギャンブルレーサー」であったといい、「[[勝馬投票券|馬券]]を買うファンのための騎乗」が信条であった<ref name="yushun1410" />。自身も[[競艇]]ファンとして舟券を買う立場にあり、その経験を騎手としての姿勢にも反映させていたという<ref name="keibalab" /><ref name="keibalab2" />。騎乗していた頃から「なんとか3着に入ってやろうと思っていつも乗っている。1着が全てとは僕は思わない。もちろん、1着を目指して乗っていますけど、馬券は単勝だけではないんでね」と語り<ref name="yushun1410" />、そういったなかで、1着にはなれずともファンの中で主役になれる馬がいるはずだ、という信条も口にしている<ref name="keibalab2" />。
 
また、2000年の[[皐月賞]]において[[ラガーレグルス]](3番人気<ref>『優駿』2000年5月号、p.10</ref>)に騎乗した際、スタートを切れないまま終わるという失態を演じたことも背景にあった。「あのときに何も説明できなかったという思いがずっと残」り、「多くのファンにスタートも切れないまま損をさせてしまったので、これからの騎手人生のなかで絶対に返していこうという思いが芽生え」たのだという<ref name="yushun1410" />。佐藤は自身の引退会見においても、失敗例として、また自身の向上に繋がった例としてこの競走を挙げている<ref name="keibalab">{{Cite web |url=https://web.archive.org/web/20150418233238/http://keibalab.jp/topics/24207 |title=佐藤哲三騎手 引退会見(前半) 信念は「馬に気持ちを伝えたい」 |author= |publisher=競馬ラボ |accessdate=2016年3月9日 |date=2014-9-17}}</ref>。
 
引退のきっかけにも「ギャンブルレーサー」としての意識が関わっていた。「馬を可愛がりつつ、競走では割り切って結果を出すことなどできない」「馬にとっては騎手は嫌な存在のはず」と考えていた<ref name="yushun1410" />佐藤は、努めて馬の可愛い面を目に入れないようにしていたが、リハビリ生活中にキズナのもとを訪れた際、自身にじゃれつく姿を見て「めちゃくちゃ可愛い」と感じ<ref name="keibalab2">{{Cite web |url=https://web.archive.org/web/20140917145705/http://keibalab.jp/topics/24208/ |title=佐藤哲三騎手 引退会見(後半) 決断は「キズナを可愛いと思った時」 |author= |publisher=競馬ラボ |accessdate=2016年3月9日 |date=2014-9-17}}</ref>、「この感性のまま、もし明日、腕が動いたとしても、ギャンブルレーサーとしての佐藤哲三には戻れない」と考え、引退を決断したのだと述べた<ref name="yushun1410" />。
 
=== 佐々木晶三との関係 ===
タップダンスシチー、アーネストリーでGIを制した佐々木晶三とは「コンビ」として知られた。1997年に佐藤が佐々木厩舎の[[サクラエキスパート]]に騎乗して[[愛知杯]]を勝ったとき、佐々木はまず「なんとも度胸がいい」という印象を抱いたという<ref name="yushun1108" />。さらにタップダンスシチーで佐藤が高い技術をもつことを確信し、以後「コンビ」が成立<ref name="yushun1108">『優駿』2011年8月号、p.85</ref>。それから20以上の重賞勝利を挙げた<ref name="yushun1108" />。佐々木は佐藤を重用した理由として、「哲ちゃん''(注:佐藤)''みたいな超一流ジョッキーを乗せ続けていったら、馬はどんどん成長する」「そうやって育てられた馬は成績も安定するし、上のクラスに行っても通用する。まあ、それは競走馬を育てるということに関しては三本指に入ると思っている哲ちゃんだからこそかも知れないけどな」と語っている<ref>『サラブレ』2011年9月号、pp.16-17</ref>。
 
== 騎乗成績 ==
出典:[http://www.jra.go.jp/datafile/meikan/jretirement.html 日本中央競馬会公式サイト・引退騎手名鑑]「佐藤哲三」。記載されていない情報については個別に出典を付与。
※勝利数は中央競馬のみ。
{| class="wikitable" sortablestyle="text-align: right;"
!開催!!1着!!2着!!3着!!騎乗数!!勝率!!連対率
!年度
|-
!勝利数
!中央
!重賞勝利
|938||997||926||10570||.089||.183
!表彰
|-
!地方
|16||19||10||114||.140||.307
|-
!国外
|0||0||0||2||.000||.000
|-
!総計
|954||1016||936||10684||.089||.184
|}
※すべて平地競走。
 
=== 年度別成績 ===
{|class="wikitable"
|-
!年!!開催!!勝利!!騎乗!!勝率!!重賞勝利馬(勝利競走)!!表彰
|-
||1989年||中央||8勝||171回||.047||||
|-
||1990年||中央||27勝||298回||.091||||
|-
||1991年||中央||33勝||346回||.095||||
|-
||1992年||中央||38勝||345回||.110||レットイットビー([[朝日チャレンジカップ]])||フェアプレー賞
|-
||1993年||中央||12勝||328回||.037||レガシーフィールド([[阪急杯]])||
|-
||1994年||中央||23勝||255回||.090||||
|-
|rowspan="3"|1995年||中央||67勝||462回||.145||rowspan="3"|レッドコーラル([[タマツバキ記念]])||rowspan="3"|フェアプレー賞(関西)
|-
|地方||0勝||1回||.000
|-
|計||67勝||463回||.145
|-
|rowspan="3"|1996年||中央||70勝||514回||.136||rowspan="3"|リトルオードリー([[フィリーズレビュー|報知杯4歳牝馬特別]])<br />[[マイネルマックス]]([[函館2歳ステークス|函館3歳ステークス]]、[[京王杯2歳ステークス|京成杯3歳ステークス]]、'''[[朝日杯フューチュリティステークス|朝日杯3歳ステークス]]''')||rowspan="3"|
|-
|地方||0勝||7回||.000
|-
|計||70勝||521回||.134
|-
|rowspan="3"|1997年||中央||56勝||525回||.107||rowspan="3"|[[サクラエキスパート]](愛知杯)<br />マイネルクラシック([[北海道2歳優駿|北海道3歳優駿]]<ref>『優駿』1998年2月号、p.134</ref>)||rowspan="3"|
|-
|地方||3勝||14回||.214
|-
|計||59勝||539回||.109
|-
|rowspan="3"|1998年||中央||50勝||472回||.106||rowspan="3"|[[ユーセイトップラン]]([[アルゼンチン共和国杯]])||rowspan="3"|
|-
|地方||3勝||28回||.107
|-
|計||53勝||500回||.106
|-
|rowspan="3"|1999年||中央||28勝||428回||.065||rowspan="3"|ナリタルナパーク([[中山牝馬ステークス]])<br />[[スノーエンデバー]]([[群馬記念]]<ref>『優駿』1999年7月号、p.126</ref>)<br />[[ラガーレグルス]]([[ホープフルステークス (中央競馬)|ラジオたんぱ杯3歳ステークス]])||rowspan="3"|フェアプレー賞(関西)
|-
|地方||2勝||17回||.118
|-
|計||30勝||445回||.067
|-
|rowspan="3"|2000年||中央||37勝||408回||.091||rowspan="3"|マイネルマックス([[マイラーズカップ]])<br />ミッキーダンス([[小倉記念]]、朝日チャレンジカップ)||rowspan="3"|フェアプレー賞(関西)
|-
|地方||0勝||6回||.000
|-
|計||37勝||414回||.089
|-
|rowspan="3"|2001年||中央||42勝||491回||.086||rowspan="3"|ミッキーダンス([[金鯱賞]])||rowspan="3"|
|-
|地方||0勝||4回||.000
|-
|計||42勝||495回||.085
|-
|rowspan="3"|2002年||中央||48勝||506回||.095||rowspan="3"|[[タップダンスシチー]](朝日チャレンジカップ)||rowspan="3"|フェアプレー賞(関西)
|-
|地方||1勝||6回||.167
|-
|計||49勝||512回||.096
|-
|rowspan="3"|2003年||中央||42勝||491回||.086||rowspan="3"|タカラシャーディー([[毎日杯]])<br />タップダンスシチー(金鯱賞、[[京都大賞典]]、'''[[ジャパンカップ]]''')||rowspan="3"|
|-
|地方||0勝||5回||.000
|-
|計||42勝||496回||.085
|-
|rowspan="4"|2004年||中央||40勝||531回||.075||rowspan="4"|タップダンスシチー(金鯱賞、'''[[宝塚記念]]''')<br />[[サクラセンチュリー]]([[鳴尾記念]])||rowspan="4"|
|-
|地方||0勝||2回||.000
|-
|国外||0勝||1回||.000
|-
|計||40勝||534回||.075
|-
|rowspan="3"|2005年||中央||51勝||617勝||.083||rowspan="3"|サクラセンチュリー([[日経新春杯]]、アルゼンチン共和国杯)<br />[[インティライミ (競走馬)|インティライミ]]([[京都新聞杯]])<br />オペラシチー(目黒記念)<br />タップダンスシチー(金鯱賞)<br />[[サンライズバッカス]]([[武蔵野ステークス]])||rowspan="3"|
|-
|地方||0勝||3回||.000
| [[1989年]]
| align="center"|8
|
|
|-
|計||51勝||620回||.082
| [[1990年]]
| align="center"|16
|
|
|-
|rowspan="3"|2006年||中央||42勝||606回||.069||rowspan="3"|[[グレイトジャーニー]]([[ダービー卿チャレンジトロフィー]])<br />[[メイショウバトラー]]([[プロキオンステークス]]、[[シリウスステークス]]、[[サマーチャンピオン]]<ref>『優駿』2006年10月号、p.109</ref>)<br />サンバレンティン([[福島記念]])||rowspan="3"|
| [[1991年]]
| align="center"|33
|
|
|-
|地方||1勝||5回||.200
| [[1992年]]
| align="center"|38
| [[チャレンジカップ_(中央競馬)|朝日チャレンジカップ]](レットイットビー)
| [[フェアプレー賞]]
|-
|計||43勝||611回||.070
| [[1993年]]
| align="center"|12
| [[阪急杯]](レガシーフィールド)
|
|-
|rowspan="3"|2007年||中央||32勝||461回||.069||rowspan="3"|[[サンレイジャスパー]](小倉記念)<br />インティライミ(朝日チャレンジカップ、京都大賞典)||rowspan="3"|
| [[1994年]]
| align="center"|23
|
|
|-
|地方||0勝||2回||.000
| [[1995年]]
| align="center"|67
| [[タマツバキ記念]](レッドコーラル)
| フェアプレー賞(関西)
|-
|計||32勝||463回||.069
| [[1996年]]
| align="center"|70
| [[朝日杯フューチュリティステークス|朝日杯3歳S]]([[マイネルマックス]])<br/ >[[フィリーズレビュー|報知杯4歳牝馬特別]](リトルオードリー)<br/ >[[京王杯2歳ステークス|京成杯3歳S]](マイネルマックス)<br/ >[[函館2歳ステークス|函館3歳S]](マイネルマックス)
|
|-
|rowspan="3"|2008年||中央||33勝||525回||.063||rowspan="3"|マイネルレーニア([[スワンステークス]])||rowspan="3"|フェアプレー賞(関西)
| [[1997年]]
| align="center"|56
| [[愛知杯]](サクラエキスパート)<br/ >[[北海道2歳優駿|北海道3歳優駿]](マイネルクラシック)
|
|-
|地方||0勝||1回||.000
| [[1998年]]
| align="center"|50
| [[アルゼンチン共和国杯]]([[ユーセイトップラン]])
|
|-
|計||33勝||526回||.063
| [[1999年]]
| align="center"|28
| [[ホープフルステークス (中央競馬)|ラジオたんぱ杯3歳S]]([[ラガーレグルス]])<br/ >[[中山牝馬ステークス|中山牝馬S]](ナリタルナパーク)<br/ >[[群馬記念]](スノーエンデバー)
| フェアプレー賞(関西)
|-
|rowspan="3"|2009年||中央||35勝||493回||.071||rowspan="3"|[[エスポワールシチー]]('''[[かしわ記念]]'''<ref>『優駿』2009年6月号、p.118</ref>、'''[[マイルチャンピオンシップ南部杯]]'''<ref>『優駿』2009年12月号、p.118</ref>、'''[[ジャパンカップダート]]''')||rowspan="3"|
| [[2000年]]
| align="center"|37
| [[マイラーズカップ]](マイネルマックス)<br/ >[[小倉記念]]([[ミッキーダンス]])<br/ >[[チャレンジカップ_(中央競馬)|朝日チャレンジカップ]](ミッキーダンス)
| フェアプレー賞(関西)
|-
|地方||2勝||4回||.500
| [[2001年]]
| align="center"|42
| [[金鯱賞]](ミッキーダンス)
|
|-
|計||37勝||497回||.074
| [[2002年]]
| align="center"|48
| 朝日チャレンジカップ([[タップダンスシチー]])
| フェアプレー賞(関西)
|-
|rowspan="4"|2010年||中央||36勝||430回||.084||rowspan="4"|エスポワールシチー('''[[フェブラリーステークス]]'''、'''かしわ記念'''<ref>『優駿』2010年6月号、p.118</ref>)<br />[[アーネストリー]](金鯱賞、[[札幌記念]])||rowspan="4"|
| [[2003年]]
| align="center"|42
| [[ジャパンカップ]](タップダンスシチー)<br/ >[[京都大賞典]](タップダンスシチー)<br/ >金鯱賞(タップダンスシチー)<br/ >[[毎日杯]](タカラシャーディー)
|
|-
|地方||1勝||2回||.500
| [[2004年]]
| align="center"|40
| [[宝塚記念]](タップダンスシチー)<br/ >金鯱賞(タップダンスシチー)<br/ >[[鳴尾記念]](サクラセンチュリー)
|
|-
|国外||0勝||1回||.000
| [[2005年]]
| align="center"|51
| 金鯱賞(タップダンスシチー)<br/ >[[日経新春杯]](サクラセンチュリー)<br/ >アルゼンチン共和国杯(サクラセンチュリー)<br/ >[[目黒記念]]([[オペラシチー]])<br/ >[[京都新聞杯]]([[インティライミ]])<br/ >[[武蔵野ステークス|武蔵野S]]([[サンライズバッカス]])
|
|-
|計||37勝||433回||.085
| [[2006年]]
| align="center"|42
| [[ダービー卿チャレンジトロフィー]]([[グレイトジャーニー]])<br/ >[[福島記念]]([[サンバレンティン]])<br/ >[[プロキオンステークス|プロキオンS]]([[メイショウバトラー]])<br/ >[[サマーチャンピオン]](メイショウバトラー)<br/ >[[シリウスステークス|シリウスS]](メイショウバトラー)
|
|-
|rowspan="3"|2011年||中央||48勝||462回||.104||rowspan="3"|アーネストリー('''宝塚記念'''、[[オールカマー]])<br />エスポワールシチー([[みやこステークス]]、[[名古屋大賞典]]<ref>『優駿』2011年5月号、p.162</ref>)||rowspan="3"|
| [[2007年]]
| align="center"|32
| 京都大賞典(インティライミ)<br/ >朝日チャレンジカップ(インティライミ)<br/ >小倉記念([[サンレイジャスパー]])
|
|-
|地方||1勝||3回||.333
| [[2008年]]
| align="center"|33
| [[スワンステークス|スワンS]]([[マイネルレーニア]])
| フェアプレー賞(関西)
|-
|計||49勝||465回||.105
| [[2009年]]
| align="center"|35
| [[チャンピオンズカップ (中央競馬)|ジャパンカップダート]]([[エスポワールシチー]])<br/ >[[かしわ記念]](エスポワールシチー)<br/ >[[マイルチャンピオンシップ南部杯|南部杯]](エスポワールシチー)<br/ >[[中日新聞杯]]([[アーネストリー]])
|
|-
|rowspan="3"|2012年||中央||40勝||405回||.099||rowspan="3"|エスポワールシチー('''かしわ記念'''<ref>『優駿』2012年6月号、p.162</ref>、'''マイルチャンピオンシップ南部杯'''<ref>『優駿』2012年12月号、p.163</ref>)||rowspan="3"|
|[[2010年]]
|align="center"|36
|[[フェブラリーS]](エスポワールシチー)<br/>かしわ記念(エスポワールシチー)<br/>金鯱賞(アーネストリー)<br/>[[札幌記念]](アーネストリー)
|
|-
|地方||2勝||4回||.500
|[[2011年]]
|align="center"|48
|宝塚記念(アーネストリー)<br/>[[オールカマー]](アーネストリー)<br/>[[みやこステークス|みやこS]](エスポワールシチー)<br/>名古屋大賞典(エスポワールシチー)
|
|-
|計||42勝||409回||.103
|[[2012年]]
|align="center"|40
|かしわ記念(エスポワールシチー)<br/>南部杯(エスポワールシチー)
|
|}
 
{{出典の明記|section=1|date=2016年3月}}
{| class="wikitable" style="font-size:100%; text-align:center; border-collapse:collapse; padding: 1px;"
!||日付||競馬場・開催||競走名||馬名||頭数||人気||着順
== 出典・脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist|2}}
 
== 外部リンク ==
[[Category:存命人物]]
[[Category:大阪府出身の人物]]
[[Category:障害を持つ人物]]
4,015

回編集