「ユーザーエージェント」の版間の差分

携帯電話向けのウェブサイトでは、ベンダー間や新旧の機種の間で、携帯電話のブラウザの仕様がしばしば大きく異なるため、ユーザーエージェント・スニッフィングが行われた(後述のようにUser-Agentヘッダーの偽装が容易に可能であるため、[[IPアドレス]]をもとに携帯電話か否かを判断していることもあった)。機種間の表示の内容の違いは、小さい(例えば小さいスクリーンに合うように特定の画像のサイズを変える)こともあるし、あるいは非常に大規模のこともあり得る(例えば[[Extensible HyperText Markup Language|XHTML]] の代わりに[[Wireless Markup Language|WML]]でページを表現する)。
 
=== ユーザーエージェントの偽装 ===
 
ユーザーエージェント・スニッフィングを回避するために、User-Agentヘッダーの偽装が行われた。
498

回編集