「嬰ヘ長調」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
 
== 特徴 ==
嬰ヘ長調と変ト長調はほぼ[[異名同音]] ([[平均律#十二平均律|12平均律]]においては[[異名同音]]完全にそうなる) であり、かつ調号の使用も6箇所であり、[[五度圏]]では[[ハ長調]]の対蹠に位置する。しかし、[[調号]]を書く際に嬰記号をヘから書く点や、同主調である[[嬰ヘ短調]]がシャープ3箇所で済む点から、嬰ヘ/変トを主音とする音調は嬰ヘで統(まと)める(嬰ヘ長調、嬰ヘ短調)ことも多い。一方、変記号はロから書き、トは5番目となるが、こちらも変ロ/嬰イを主音とする音調はで変ロで統める([[変ロ長調]]はフラット2箇所、[[変ロ短調]]はフラット5箇所)ことも多い。ハ長調から最も離れているため、ある意味最も複雑で混沌とした印象を受ける。
 
[[ヴァイオリン]]では[[音階]]中に[[開放弦]]が1個も含まれないため、大変弾きづらい調である。
856

回編集