「監察軍 (ロボテック)」の版間の差分

m
上記の本来の意味での監察軍は、万年単位の長い年月の経過により、ゼントラーディの艦隊群の統制が失われ、分裂することにより失われた。
 
後の時代になり、超古代星間文明人 [[プロトカルチャー (マクロスシリーズ)|プロトカルチャー]]の末裔である[[衛星]]・[[ティロル (架空の衛星)|ティロル]] ([[:en:Tirol (fictional planet)|Tirol]]) の主要国家 [[テイレシアース|テイレシア]](Tiresia)の科学者; ゾア・デリルダ ( Zor Derelda )が、自ら発明したプロトカルチャーやゼントラーディを利用したロボテックマスターズの[[帝国主義]]を見兼ねたゾアが支配達に対し反逆。唯一のプロトカルチャー・[[マトリクス]]を奪い、「'''シアン・マクロス級・超時空要塞'''」の[[ネームシップ]]である一番艦「'''マクロス'''」<ref> [http://ptn.home.xs4all.nl/Naval/bor_Battlefortress.html ROBOTECH: Tirolian Naval Vessels - Border Fleet - Sian Macross-class Battlefortress] {{Accessdate|2015-03-08}}</ref>(後の 「[[マクロス (架空の兵器)|SDF-1 マクロス]]」) とゾア自身を警護するゼントラーディ兵による[[親衛隊]] <ref group="注">「ゾアの弟子達」 (The Disciples of Zor) と呼ばれる。</ref> を引き連れて逃亡した際のゼントラーディのゾア親衛隊艦隊〔通称:ゾアの弟子たち〕を後世になり、先の時代の故事にならい、今度は新秩序回復の意味合いを込めて監察軍の別名で呼称するようになった。
これが、広義の意味での“監察軍”である。
{{Main|ロボテックシリーズの登場人物}}