「諏訪頼水」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
[[1577年]]([[元亀]]元年)、6歳で父頼忠から[[諏訪大社]]大祝職を譲られる。[[天正]]18年([[1590年]])、父と共に[[小田原征伐]]に従軍する。その後、主家の[[徳川氏]]が関東に移封となったため、頼忠父子はこれに従って諏訪を離れて関東に移り、[[武蔵国]]奈良梨に所領を与えられた。その翌々年、[[上野国]][[総社藩|総社]]へ移封され、同年に父から家督を譲られている。[[慶長]]5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]では[[徳川秀忠]]軍に従い、[[信濃国]]や上野国の守備を命じられた。その功績により、戦後の慶長6年([[1601年]])10月、信濃国高島2万7,000石へ復帰を許された。[[上田合戦|第二次上田合戦]]後には[[上田城]]の受取役を果たしている
 
慶長19年([[1614年]])からの[[大坂の陣]]では[[甲府城]]の守備を命じられ、長男の[[諏訪忠恒|忠頼]]が諏訪軍を率いて出兵した。頼水は冬の陣の際に自身が城の留守などのような閑職に留められていることに奮起し、夏の陣では大坂へ従軍させてもらうように願ったが、かなえられず夏の陣でも甲府城の守備を命じられた。
匿名利用者