「内山城」の版間の差分

編集の要約なし
m
内山城は、[[永正]]年間に大井美作入道玄岑が築城したといわれている。
 
甲斐国の[[武田信玄|武田晴信]](信玄)は天文10年から[[信濃侵攻]]を開始し、[[諏訪郡]]を征圧すると[[天文 (元号)|天文]]15年([[1546年]])には佐久郡へ侵攻し、同年5月3日には内山城攻めを行い、城主[[大井貞清]]は降伏して武田氏に臣従した(『[[高白斎記]]』)。内山城代には一時大井貞清に任されるが、同年7月18日に武田家臣の[[小山田虎満|上原伊賀守]](小山田備中守、虎満)が城代となり(『高白斎記』)、虎満は死去まで佐久郡の[[郡]]を務めている。天文17年([[1548年]])2月14日には、[[小県郡]]上田原における[[上田原の戦い]]において武田方を撃退した[[村上義清]]は内山城を攻めたが、晴信は諏訪[[上原城]]から佐久へ出馬しこれを退けた。
 
[[天正]]10年([[1582年]])に武田氏が滅亡した後天正11年([[1583年]])に[[徳川家康]]の麾下[[依田信蕃]]らによって攻略され廃城になった。
匿名利用者