「松本城」の版間の差分

編集の要約なし
[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[永正]]年間(1504-1520年)に、[[信濃国|信濃]][[守護]]家[[小笠原氏]](府中小笠原氏)が[[林城]]を築城し、その支城の一つとして深志城が築城されたのが始まりといわれている。
 
[[天文 (元号)|天文]]年間には甲斐の[[武田氏]]による[[信濃侵攻]]が開始され、天文19年([[1550年]])7月15日には林城・深志城などが落城し、信濃守護・[[小笠原長時]]は追放された(『[[高白斎記]]』)武田氏は林城を破して深志城を拠点に[[筑摩郡]]・[[安曇郡]]の両[[郡代]]として[[馬場信春]]を配置し、[[松本盆地]]を支配下に起き、置いた。その後は信濃小県郡の[[村上義清]]、越後国の[[上杉謙信|長尾景虎]](上杉謙信)と抗争し、北信に至る信濃一帯を領国化した。
 
[[1582年]]([[天正]]10年)、武田氏滅亡により城代[[馬場昌房]]から[[織田長益]]に明け渡された後、[[織田信長]]によって[[木曾義昌]]に安堵されたが、[[本能寺の変]]後の武田遺領を巡る[[天正壬午の乱]]において、同年6月には越後の[[上杉景勝]]に擁立され、小笠原旧臣の助力を得た[[小笠原洞雪斎]]が奪還する。さらに[[徳川家康]]の麾下となった[[小笠原貞慶]]が旧領を回復し、松本城と改名した。
匿名利用者