「高遠城」の版間の差分

編集の要約なし
同年6月に[[本能寺の変]]が起こると、甲斐・信濃の武田遺領を巡る[[天正壬午の乱]]が発生する。上伊那郡では諏訪氏の一族で[[上伊那郡]][[福与城]](長野県上伊那郡[[箕輪町]])を拠点としていた[[藤沢頼親]]が復帰し、頼親は[[三河国]]の[[徳川家康]]が[[下条頼安]]・[[小笠原貞慶]]ら信濃国衆を送り込むと、同年7月15日までに高遠城を奪還し、家康へ臣従した<ref>平山(2015)、pp.110 - 111</ref>
 
その後は家康方の[[保科正直]]が高遠城に入り、これを[[豊臣秀吉]]方の[[に寝返った小笠原貞慶]]が攻めたが撃退された。
 
=== 江戸時代 ===
匿名利用者