「太平御覧」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''太平御覧'''(たいへいぎょらん)とは、[[中国]][[北宋 |宋]]代初期に成立した[[類書]]の一つである。同時期に編纂された「[[太平広記]]」、「[[冊府元亀]]」、「[[文苑英華]]」と合わせて'''四大書'''と称される。李昉等による奉勅撰、[[977年]]から[[983年]]([[太平興国]]2-8年)頃の成立。
 
もとの名を「太平総類」というが、[[太宗 (宋)|太宗]]が毎晩3巻ずつを閲読していたことから、今名に改められたという。構成は、天部から百卉部に及ぶ全55部よりなる。この部篇数は、「[[周易]]」の「繋辞伝」にある天地の数に基づいている。さらに、55部を附目を含めて5426類目に細分化している。各目には、諸々の書物の記事や文章を抜粋した上で、分類排列している。
 
引用する書物の数は、巻頭にある書目によれば、1690種とするが、多少の重複が見られる。さらに、詩や賦などを含めれば、2000種以上に上ることとなる。但し、原典からの引用ではなく、先行する類書である[[北斉]]の「'''修文殿御覧'''」(佚書)や、[[唐]]代の「'''芸文類聚'''」、「'''文思博要'''」(佚書)からのいわゆる孫引きであることが多い。ただ、引用書の大半が亡佚してしまった今となっては、資料的価値が高い。
1,434

回編集