「カネミ油症事件」の版間の差分

福岡県[[北九州市]][[小倉北区]](事件発生当時は小倉区)にある[[カネミ倉庫]]株式会社で作られた食用油([[こめ油|こめ油・米糠油]])<ref>カネミ倉庫株式会社では、2013年8月現在、引き続き食用こめ油・米糠油を製造している(外部リンクの公式ウェブサイトに記載あり)。</ref>「カネミライスオイル」の製造過程で、脱臭のために[[熱媒体]]として使用されていた[[ポリ塩化ビフェニル|PCB]](ポリ塩化ビフェニル)が、配管作業ミスで配管部から漏れて混入し、これが加熱されて[[ダイオキシン類|ダイオキシン]]に[[化学変化|変化]]した。このダイオキシンを油を通して摂取した人々に、顔面などへの色素沈着や塩素挫瘡(クロルアクネ)など[[皮膚|肌]]の異常、[[頭痛]]、手足のしびれ、肝機能障害などを引き起こした。
 
当時は[[ポリ塩化ビフェニル|PCB]]の無害化技術も確立していない時代であり、カネミ油症の原因物質であるライスオイルは不適切な処理をされた蓋然性がきわめて高い。カネミ倉庫の事業所が存在する[[北九州市]]及び[[大阪市]]([[木津川運河]])では、ダイオキシン類の一つであるコプラナーPCBが河川及び港湾の[[底質]]から基準を超えて検出されている。
 
== 原因の究明まで ==