メインメニューを開く

差分

m
→‎日本国外の鉄道への興味: 「ガラパゴス化」が定着してきており言い換えるとかえって読みにくくなってしまうため
* 特に乗車を趣味としているファンにとって、乗車は「日本独特の旅情」を楽しむ側面を併せ持っており、国外の鉄道ではこの「日本の旅情」を楽しむことができない(日本領だった時代がある[[台湾]]や[[樺太]]では、日本のファンがこれら地域に残された日本らしさを発見するという楽しみ方をされることもある)
* 日本が島国であり、色々な意味で国外の鉄道に接触する機会が少なく、鉄道自体も他の国との物理的接点を持たない
* 戦後(特に[[高度経済成長期]]以後)の日本の鉄道が、世界の鉄道とは違った独自の発展(例えば[[動力分散方式]]など)を遂げたことで、技術や運営の面などで、世界の鉄道から「[[ガラパゴス化|孤立化]]」している
* いわゆる「言語の壁」、すなわち語学力の問題
 
71

回編集