「ベネズエラ」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Entrada Miraflores.JPG|thumb|ベネズエラ大統領府、 [[ミラフローレス宮殿]]。]]
 
[[大統領]]を[[元首|国家元首]]とする[[連邦]][[共和制]][[国家]]である。[[1999年]]12月に新憲法が制定され、[[大統領]]の権限が強化、任期も5年から6年に延長された。選出は、国民による[[普通選挙]]によって行われる。首相職は存在せず、大統領自身が行政府の長として[[内閣]]を統率する。前回投票は、[[2006年]][[12月3日]]に行われ、現職の[[チャベス]]大統領が再選した。
 
[[議会]]はスペイン語で''Asamblea Nacional''(アサンブレア・ナシオナル、すなわち'''国民議会''')と呼ばれ、1999年[[憲法]]により[[両院制]]から[[一院制]]に変わった。全165議席で、うち3議席は[[先住民]]に保障されている。議員の任期は5年で、国民による普通選挙([[小選挙区比例代表併用制]])で選出される。2007年に改憲を巡る国民投票が行われたが、否決された。その後、大統領の再選制限を撤廃した2009年憲法が成立している。
 
かつて「ラテンアメリカには独裁か無政府状態しかないのではないだろうか」とシモン・ボリバルが危惧したように、ベネスエラでは1830年から1955年まで一世紀以上に渡り、カウディーリョや軍人による専制政治と内戦が続いた。[[クーデター]]が起こりやすい国でもあり、一時期ほどの頻度ではないものの、近年では1992年と2002年のクーデター未遂事件が起こっている。
1959年の[[ロムロ・ベタンクール]]政権以降、石油収入を背景に[[ベネデモクラシア]]と呼ばれた民主化が富裕層と中間層を主体にして進み、1941年に成立した[[国民行動党 (ベネズエラ)|国民行動党]]と、1946年に国民主義行動党が改編された[[キリスト教社会党]](COPEI)との[[二大政党制]]が確立した<ref name=sakaguchi/>。ベネズエラの二大政党制は機能し、ラテンアメリカ諸国がクーデターによる軍事政権の成立に特徴づけられた1960年代から1980年代までの間もベネズエラは[[コスタリカ]]と共に、ラテンアメリカでは例外的な民主主義の維持された国家となったが<ref name=sakaguchi/>、この二大政党制は二大政党の枠組みに収まらなかった[[ベネズエラ共産党|共産党]]などを政治から排除する体制でもあったために行き詰まりを迎え<ref name=sakaguchi/>、民主化の中でも埋まらなかった経済的な格差や1980年代から続く経済の衰退、[[カラカス暴動]]に対する強権的な対応などから生まれた政治不信を背景に、貧困層に対してポプリスモ的な政策に訴えたウゴ・チャベス元中佐が1999年に当選した<ref name=sakaguchi/>。
 
[[1999年]]に発足した[[ウゴ・チャベス]]政権は、内政では[[保健]][[教育]]を最重要視する政策をとっている。低所得層が住む地区での無料診療所の開設、[[学校]]の建設、非識字者や学校中退者のための補習プログラムなどがその例である。貧困層重視の政策は、強引な政治手法とあいまって、富裕層、中産階級、以前の有力政党と結ぶ労働組合から強い反発を受けた。[[2002年]]4月にはチャベスのやり方に反発する富裕層や軍部が、CIAの協力の下にクーデターを起こす。チャベス大統領は一時身を隠し、反対派による代わりの政権が樹立するが、大衆の大規模デモと軍内部の反乱によって数日後政権を取り戻す。12月から翌[[2003年]]2月にかけては石油産業でチャベス辞任を求めるストライキが起こり、ベネズエラ経済は大打撃を受けた。スト終結後1年間は経済後退が著しかったが、続く[[2004年]]には[[原油価格]]上昇もあいまって経済が急速に回復し、政権支持率もそれにともなって上昇した。そして8月15日に大統領リコールの国民投票が58%対42%で否決されると、政情は一応の安定をみた。しかし野党は国民投票と以後の選挙結果を認めず、[[2005年]]12月の議会選挙では主要野党が選挙をボイコットした。このため現議会は与党と与党寄りの政党によって全議席が占められている。[[2006年]]12月3日の大統領選挙でチャベスは63%の得票で3度目の当選を果たし、今度は野党候補も結果を承認した。チャベス大統領は2021年までの大統領在任を仄めかしていた。
 
[[2007年]][[12月2日]]実施の[[社会主義]]体制への移行と、[[大統領]]再選制限の撤廃や大統領権限の強化を定める[[憲法改正]]の[[国民投票]]で、ベネズエラ中央選管は、反対票が約51%と賛成票をわずかに上回り、否決されたと暫定結果を発表した。
123

回編集