「ウルトラC(チャーミング)!」の版間の差分

しかし、実は4姉妹のうち1人だけ男が混じっていて、誰が男なのかを読者の投稿で決めるという趣旨であった。電撃G's magazine自らが「おバカでアブノーマルな企画」と認めていたくらい、ぶっ飛んだ内容であった。恐らく編集部の目論見としては、誰かの男疑惑が高まると、そのファンが「俺のフィアンセを男にしてたまるか!」とハガキを送りまくり、物凄く盛り上がるという構図だったのだろう。
 
この目論見は完全に外れ、本作は僅か半年という短命に終わった。「[[女神天国#.E8.81.96.E5.A5.B3.E7.A5.9E.E5.A4.A9.E5.9B.BD|聖女神天国]]」「[[Merry Little Park!]]」に続いて、打ち切りという悲惨な末路を辿った企画であった。だが、大崎はるいのイラストはG's誌面の中ではあまりに魅力に乏しかったことや、文芸もだんだん投げやりになってきたことから、配置されたスタッフからして編集部が本作に対して何処までやる気があったのか疑問が残る。
 
イラスト担当の大崎はるいについてだが、本作連載開始直後にG's本誌で「電撃G's Radio」のコーナーの挿絵を描き、本作終了後もG's本誌のいたる所や「[[双恋]]」のファンコーナーの挿絵を描いている「崎山すずの(当初は崎山ミナ)」と絵柄の特徴がほぼ一致している。それに「大崎はるい」というネーミング自体も「崎山すずの」と関連性が見受けられるとも考えられるが、同一人物であるかどうかは明確な証拠が無いため不明。
匿名利用者