「SIMロック」の版間の差分

m
全ての端末がSIMフリーになることで、消費者が自由にキャリアを乗り換えられるようになる<ref>[http://www.iphone-girl.jp/2014/07/363490/ 今さら聞けない!SIMフリーのメリット・デメリット]</ref>。これによって価格競争が促進され、高止まりした通信料金や機種代などを下げる効果が狙われている<ref>[http://aplista.iza.ne.jp/f-iphone/171108 SIMロック解除でキャリア競争後押しへ 総務省、27年度にも]</ref>。
 
また、2014年には[[Google]]がSIMフリー版の[[Nexus 5]]を、[[アップル インコーポレイテッド|アップル]]がSIMフリー版の[[iPhone 5s]]や[[iPhone 5c]]を単体で販売開始している。このようにキャリアを経由しない[[グローバルモデル]]の販売も広がっている<ref>[http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1403/20/news153.html Nexus 5、iPhone 5sから1万円台の格安モデルまで――日本で購入できるSIMフリースマホ(1/2)]</ref>。2014年の調査では、SIMフリー端末を検討する人の割合が全体の1割に上っており、通信を自由に選びたいと考えるユーザーが増えたため、キャリア離れが加速しているとみられている<ref>[http://kakaku.com/research/report/080/p05.html?lid=research_navi_bottom_080_04 価格.com リサーチ - No.080 2014年 スマートフォン利用状況調査(2013年9月掲載)]</ref>。[[仮想移動体通信事業者]](MVNO)がSIMフリー端末を回線契約とのセットで販売することも増えている
 
日本国内の事情により、SIMロック解除端末やSIMフリー端末の利用には次のような点を留意する必要がある。
 
* NTTドコモおよびそのMVNOで使用されている[[800MHz帯]](3G/[[W-CDMA]]はバンド6、[[Long Term Evolution|LTE]]はバンド19)はドコモ独自のものであり、日本国外では使用されていない。そのため他キャリアの端末および日本国外のSIMフリー端末ではこれらの周波数帯に非対応である場合もあり、そうしたケースではドコモの通信網ではバンド1その他のエリア内でしか利用できない。また国内のバンド事情を十分に理解していないなどの理由からW-CDMAバンド19対応・バンド6非対応の端末が存在し、音声通話可能な地域に制限があることもある。[[FOMAプラスエリア]]も参照。
* auは3Gの通信方式に[[CDMA2000]]を採用しているが世界では採用例が少なく、かつ周波数帯も独自であるため、他キャリア端末やSIMフリー端末では対応が困難であり事実上3Gでの通信・通話は不可能となっている。加えてLTEのバンド1使用には[[PHS]]保護に関する項目付きの[[技術基準適合証明]](技適)を取得する必要があり、LTEバンド18対応でもauのLTE網で使用できないこともある<ref>[[https://king.mineo.jp/magazines/special/84 「SIMフリー」スマホのほとんどがなぜmineoの動作確認端末一覧に載ってないの?]</ref>。
* [[VoLTE]]やキャリアアグリゲーション(CA)など高度な技術を要求するサービスへの対応にはIOT(相互接続性試験)を通過させる必要があり、2016年現在では技術的には対応できても現実的には難しい状態となっている<ref>[[http://k-tai.impress.co.jp/docs/event/mwc2016/20160224_745222.html マウス平井部長に聞く「MADOSMA Q601」開発の裏側]]</ref>。
 
 
=== NTTドコモ ===
[[2011年]][[4月]]以降に発売された電話機にSIMロック解除機能を搭載した。搭載機種は[[ドコモショップ]]にて有償でロックを解除してSIMフリーにできるようになった。現在、ドコモのサイト上に、解除した際にソフトバンクモバイル(現・[[ソフトバンク]])および[[イー・アクセス]](現・ソフトバンクの[[Y!mobile]]ブランド。沖縄地区は一部を除きY!mobileブランド移行後は[[ウィルコム沖縄]]の契約)の[[UIMカード]]利用時に通話・SMS等が可能かどうか掲載されているが、当然ながら、[[ドコモUIMカード]]利用時同様の動作をするかどうかについては保証対象外となっている。また、ドコモminiUIMカードを使用する端末については、以前は[[イー・アクセス]]の[[EM chip]]にmicroSIMタイプがなく、[[1.7GHz帯]]対応端末であっても動作対象外としてきたが、MicroSIM採用の[[GS01]]が発売されたこともあり、[[2012年]]夏以降に順次確認が取れた機種に利用可否が付けられている。その後、[[KDDI]]・[[沖縄セルラー電話]]で[[ヴォルテVoLTE]]が開始されたことにともなって、ヴォルテ対応のnanoサイズのUIMカードを用いる端末については、利用可否が公開されるようになっている。
 
[[2015年]]5月以降発売の機種については、前回のSIMロック解除(解除歴の無い契約に関しては、購入時)から6ヵ月経過している必要があり、My docomoでの申し込みであれば、無料で対応する(ドコモショップへの持ち込みは、My docomoで解除ができない端末は無料、できる端末は、4月以前発売の端末と同じ有料対応となる)。
8,637

回編集