「綾鬼喜一郎」の版間の差分

編集の要約なし
'''綾鬼喜一郎'''(あやおにきいちろう、[[1900年]][[6月17日]] - [[1945年]][[10月5日]]<ref>http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19220502.htm</ref>)は、[[中川部屋]]に所属した[[力士]]。本名は杉山喜一郎。[[静岡県]][[三島市]]出身。165cm、130kg。最高位は西[[前頭]]5枚目。
== 来歴 ==
9歳で入門し、各地の巡業先で子ども土俵入り(江戸時代からの客寄せの風習。[[大童山文五郎]]の項目参照)を行っていた。1913年1月初土俵、1920年1月十両昇進。1922年5月に入幕し、1925年1月場所では大関[[太刀光]]を、5月場所では横綱西ノ海を倒すなどしたが、病気もあって後退し1929年3月廃業した。容貌から平家蟹とあだ名された。激しい突き押しを武器としていた。稽古熱心だったと伝わっている。