「ディック・ヨーク」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎献身: 一部修正)
 
== 実力派俳優 ==
[[インディアナ州]][[フォートウェイン]]市に生まれる。[[シカゴ]]で育ち、カトリック聖歌隊でその才能を最初に示す。15歳の時に、CBSのラジオ番組「ブリュースター・ボーイ That Brewster Boy」でスターとしての経歴を始める。100本程度のラジオショーや教育映画に出演した後、[[ニューヨーク]]へ行き、ブロードウェイで「Tea and Sympathy」と「Bus Stop」の舞台に立つ。[[ポール・ムニ]]や[[ジョアン・ウッドワード]]らとテレビ放送をつとめ、『My Sister Eileen』『Cowboy』(カウボーイ)『[[:en:They Came to Cordura|They Came to Cordura]]』(コルドラへの道)<ref>監督:[[ロバート・ロッセン]]、出演:[[ゲリー・クーパー]]、[[リタ・ヘイワース]]他</ref>などの映画で[[ジャネット・リー]]や[[ジャック・レモン]]、[[ゲイリー・クーパー]]と共演した。
 
1925年の[[進化論裁判#スコープス裁判(1925年)|スコープス裁判(サル裁判)]]を扱った[[1960年]]の映画『風の遺産 [[:en:Inherit the Wind (1960 film)|Inherit the Wind]]』では、[[スペンサー・トレイシー]]、[[フレデリック・マーチ]]、[[ジーン・ケリー]]と伍して、[[進化論]]を教え学校を追放される若い教師バートラム・ケイツの役を演じた。そしてテレビではジーン・ケリーとコメディ『我が道を行く[[:en:Going My Way (TV series)|Going My Way]]』に出演、『[[ヒッチコック劇場]] [[:en:Alfred Hitchcock Presents|Alfred Hitchcock Presents]] & [[:en:List of The Alfred Hitchcock Hour episodes|The Alfred Hitchcock Hour]]』<ref>ヨークの略歴及び『ヒッチコック劇場』、『ジ・アルフレッド・ヒチコック・アワー(1時間番組)』への出演リスト(英語) {{Cite web|url=http://www.hitchcockwiki.com/wiki/Dick_York|title=Dick York|publisher=The Alfred Hitchcock Wiki|accessdate=2013-11-22}}</ref>、『幌馬車隊 [[:en:Wagon Train|Wagon Train]]』『[[ミステリー・ゾーン]] [[:en:The Twilight Zone|The Twilight Zone]]』『ルート66 [[:en:Route 66 (TV series)|Route 66]]』などで好演を重ね、テレビスターとしての地位を確立した。
35,907

回編集