「SFドラマ 猿の軍団」の版間の差分

; ゲバー署長
:猿の国の警察署長。何者かに家族を皆殺しにされ、これが原因で犯人は人間だと思い込み激しく憎む。とりわけゴードを仇として狙う(実際には犯人は不明)。ビップによって一度は罷免されるが、その性格を利用しようとするルザーの陰謀により復職し和子やゴードたちを追跡する。
:しかし、最後は妻子の件が誤解であったことを知り、ゴードに詫び、去っていた。
; ビップ冶安大臣
:肩書きは治安大臣だが実質的な指導者である。猿と人間は対立せず共存すべきという考えを持っておりルザーとは対立している。ゴードにも対話を呼びかけ和子たちを何かと助けようとする。負傷の治療を名目に一度は軟禁されるが、自身の率いる特別部隊やゴードたちの活躍、民衆の支持によって復権する。
; サボ副官
: ビップ大臣の副官。
:最後はチンパンジーの反乱によって銃殺されてしまう。
; ルザー政府長官
:ビップとは何かと対立する野心家で和子たち人間が現れたのを機に政権を手中に収めようと陰謀を画策、ビップを軟禁し他の政府要人も暗殺するなど一旦は政権を手にしかけるが、ビップの復権を求める民衆たちを前に部下たちが相次いで離反し計画は失敗に終わった。
匿名利用者