「マックス・デルブリュック」の版間の差分

編集の要約なし
デルブリュックは、20世紀に流行った物理学から生物学へ転向する潮流の中で、最も人々に影響を与えた人物の一人である。物理学をベースとした生物学の考え方は、[[エルヴィン・シュレーディンガー]]の著書''What Is Life?''から影響を受けている。この本は[[フランシス・クリック]]、[[ジェームズ・ワトソン]]、[[モーリス・ウィルキンス]]にも大きな影響を与えた。1940年代に彼は、[[コールド・スプリング・ハーバー研究所]]にバクテリオファージ遺伝学の研究所を作った。デルブリュックの推進した「ファージ・グループ」は、初期の分子生物学の発展に大きな役割を果たした。
 
1967年には[[王立協会]]外国人会員に選出。また[[アメリカ物理学会]]によって「マックス・デルブリュック賞」が設けられている。
 
== 出典 ==
*[http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/1969/delbruck-facts.html Max Delbrück - Facts]
*{{Cite journal | last1 = Hayes | first1 = W. | doi = 10.1098/rsbm.1982.0003 | title = Max Ludwig Henning Delbruck. 4 September 1906-10 March 1981 | journal = Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society | volume = 28 | pages = 58–26 | year = 1982 | pmid = 11639973| jstor = 769892| pmc = }}
{{ノーベル生理学・医学賞受賞者 (1951年-1975年)}}
[[Category:ヴァンダービルト大学の教員]]
[[Category:カリフォルニア工科大学の教員]]
[[Category:王立協会]]
[[Category:コールド・スプリング・ハーバー研究所の人物]]
[[Category:ドイツ系アメリカ人]]
匿名利用者