「フライス盤」の版間の差分

m
全角マイナスの「-」→長音符号の「ー」
m (全角マイナスの「-」→長音符号の「ー」)
[[画像:Fraisage surfacage.svg|thumb|right|350px|フライス盤は、[[フライス (工具)|フライス]]という[[切削工具]]を回転させることによって、工作物に[[切削加工]]を行う(図は、正面フライスの例)。]]
'''フライス盤'''(フライスばん)は、'''ミリング・マシン'''({{Lang-en|milling machine}})とも呼ばれ、回転軸に取り付けた[[フライス (工具)|フライス]]という[[切削工具]]を回転させ、[[金属]]製の[[工作物]]を動かすことによって、平面・溝・[[歯車]]などの[[切削加工]]を行う[[工作機械]]である。
 
 
== 歴史 ==
[[画像:Eli Whitney milling machine 1818--001.png|thumb|right|200px|1818年にアメリカのホイットニーが製作した最古のフライス盤。]]
1814年~1820〜1820年代ごろに、複数の発明家によって開発されたと見られている<ref name="Baida1987">{{Cite journal | last = Baida | first = Peter | year = 1987 | month = May/June | title = Eli Whitney's Other Talent | journal = American Heritage | volume = 38 | issue = 4 | url = http://www.americanheritage.com/content/eli-whitney%E2%80%99s-other-talent | id = | accessdate 2010-11-29 | postscript =. }}</ref>。現在、残されている最古のフライス盤は、[[1818年]]に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[イーライ・ホイットニー]]([[:en:Eli Whitney|Eli Whitney]])が、銃器の部品を作るために、[[旋盤]]にカッタを付けた[[横フライス]]盤である。
 
1857年に[[イギリス]]で[[立フライス盤]]が作られ、[[パリ]]の博物館に保存されている。
* 半月キー溝フライス - 半月キー溝を掘るのに使用される。
* あり溝フライス - あり溝を掘るのに使用される。
* コナーRカッタ - 工作物の角をRを付けて面取りする時に使用される。
* 沈めフライス - 座ぐり穴を加工するのに使用する。工作物にあらかじめドリルで穴を開けておく必要がある。
* メタルソー
== 外部リンク ==
*[https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E7%9B%A4-125909 フライス盤(フライスばん)とは - コトバンク]
*[http://www.nctd.go.jp/senmon/shiryo/kougyou/d/safe_smenu_d.html フライス盤作業(工業科)]([[教員研修センター]])・・・)…フライス盤作業の動画など
*[http://www.furaisuban.com/sitemap.html フライス盤ドットコム]・・・[[山崎技研]]が運営するフライス盤の情報サイト
 
 
{{Tech-stub}}