「近藤貞雄」の版間の差分

m
全角マイナスの「-」→長音符号の「ー」
m (全角マイナスの「-」→長音符号の「ー」)
 
現役時代は[[西鉄軍]]、[[読売ジャイアンツ|巨人]]、[[中日ドラゴンズ|中日・名古屋]]で活躍し、引退後は中日、[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテ]]、[[横浜DeNAベイスターズ|大洋]]、[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハム]]のコーチ・監督を歴任した。[[ABO式血液型|血液型]]は[[ABO式血液型|A型]]。
 
 
中日では、選手・コーチ・監督という異なる立場で優勝を経験した。
== 経歴 ==
=== 現役時代 ===
[[愛知県]][[岡崎市]]出身。[[愛知県立岡崎高等学校|旧制愛知県立岡崎中学校]]から旧制[[法政大学]]を中退後、[[1943年]]に西鉄軍に入団。強打の[[一塁手]]として鳴らしたが、深刻な投手不足のチーム事情から[[石本秀一]]監督は、近藤の長身からの速球を見出し投手に[[コンバート (野球)|コンバート]]した。同年、西鉄は資金難のため1年で解散に追い込まれてしまう。(なお、この「西鉄軍」は戦中の日本野球連盟活動停止前に解散したため、戦後に復帰を認められなかった。このため、二リーグ分立時に「[[埼玉西武ライオンズ|西鉄(クリッパース)]]」としてパリーグに加盟した球団との間に直接的な繋がりはないが、氏の訃報に際しては「旧制岡崎中学から西鉄(現西武)入団」と書かれているものある。)
 
折しも[[徴兵]]による選手不足に悩む東京巨人軍の[[藤本英雄]]監督から申し出があり、[[1944年]]、[[黒沢俊夫]]らとともに巨人に移籍した(黒沢と共に、他球団から巨人に移籍した最初の選手となる)。登板しない試合には野手として出場したこともあるなどし、[[プロ野球]]が再開された2年後の[[1946年]]に大車輪の活躍でチーム最多の23勝をあげるが、[[キャンプ (日本プロ野球)|秋季キャンプ]]で滞在していた[[愛媛県]][[松山市]]で散歩中、[[進駐軍]]の[[ジープ]]にはねられそうになったためそれを避けたところ、側溝に転落。そこに[[ガラス]]の破片があったため、右手中指を負傷してしまう。戦後混乱期にあって迅速な治療を受けられず神経に深い傷を残してしまい、満足な投球ができなくなり巨人を[[自由契約]]になる。同僚だった[[千葉茂 (野球)|千葉茂]]は「近藤の負傷が『[[別所引き抜き事件]]』の遠因になった」と評する。なお、近藤の右手中指は生涯第2関節から先が曲がったまま、元に戻ることはなかった。
[[1955年]]から[[1962年]]([[野口明|野口]]〜第3次天知〜第1次[[杉下茂|杉下]]〜[[濃人渉|濃人]]監督時代)、[[1964年]]から[[1968年]](第2次杉浦〜[[西沢道夫|西沢]]〜第2次杉下監督時代)まで中日投手コーチを務めた。ルーキーイヤーから2年連続30勝をあげながら連投に次ぐ連投で肩を壊し、事実上投手生命を失った[[権藤博]](後に横浜監督)の起用法に対する反省から、先発―中継ぎ―抑えの「投手分業制」を提唱。「甲子園準優勝投手」の鳴り物入りで入団しながら打線の援護に恵まれず、不振をかこっていた[[板東英二]]を[[リリーフ]]エースとして起用することで実践した。板東は期待に応えて活躍。巨人・[[中尾碩志]]投手コーチとの論争などを経て近藤の「投手分業制」は球界に定着した。ただし、この件について、近藤は自著『野球はダンディズム'88』の中で「当時はまだ若輩で、[[濃人渉]]監督・[[石本秀一]]ヘッドコーチの権藤の使い方を、疑問の目で見ながらも、確たる理論的な裏づけもないまま、口を挟むことができなかった」と話している<ref>近藤貞雄『野球はダンディズム'88』[[朝日新聞社]]、1989年、98頁</ref>。実際に確信したのは、この5年後の[[1966年]]、[[フロリダ]]の[[教育リーグ]]で[[テキサス・レンジャーズ|セネタース]]のピッチングコーチだった元[[ニューヨーク・ヤンキース|ヤンキース]]のジョニー・セインから「投手の肩は消耗品」ということを教えられ、日本流の「投げ込み」や「酷使」が、確実に投手寿命を縮めることを確信したと書いている<ref>『野球はダンディズム'88』98、99頁</ref>。また、コーチ時代に中日に在籍した[[ポール・ホイタック]]の影響もあったといわれる。
 
その後は濃人の誘いで[[1969年]]〜[[1971年]]にロッテ投手コーチ。ロッテ時代には若手有望株であった[[村田兆治]]の投球フォーム改造に取り組み、その完成形は「マサカリ投法」として村田の代名詞となった。[[1972年]]に中日の監督に就任した[[与那嶺要]]の要請で<ref>近藤貞雄著『退場がこわくて野球ができるか』ドリームクエスト、2000年、P49</ref>、古巣中日にヘッドコーチ兼投手コーチとして再度招かれ与那嶺から投手の起用法についてすべてを任され<ref>[完全保存版] 草創期から支え続けた147人の監督列伝 日本プロ野球昭和の名将、[[ベースボール・マガジン社]]、2012年、P48</ref>、[[1974年]]のリーグ優勝に貢献した。同年2年目の[[鈴木孝政]]を抜擢した<ref name="ザ・捕手 私が出会った監督・選手たち">[[木俣達彦]]著、『ザ・捕手 私が出会った監督・選手たち』、中日新聞社、中日新聞社、2011年、p186-p188</ref>。[[1976年]]退任。[[1977年]]からは[[中部日本放送]]野球解説者を務めた。
 
[[1981年]]、最下位の責任を取って辞任した[[中利夫]]監督の後任として就任。近藤は前任監督の中について「中は年齢的にも長期政権を託されていたはずだから、わずか3年での退陣は本人はもちろん、球団フロントも誤算だったはずだ。」<ref name="退場がこわくて野球ができるか P79-P80">退場がこわくて野球ができるか、P79-P80</ref>、自身が監督になったことについては「将来の監督候補として、チーム生え抜きの木俣、あるいは星野が目されていたが、ともにまだ現役で、またもう[[選手兼任監督|プレイングマネージャー]]の時代ではなくなっていた。結局選手時代からドラゴンズの経歴が長く、また与那嶺監督の下でヘッド兼投手コーチとして主力選手の多くを知っており、チーム事情も熟知しているなどの理由で、僕に後任監督の座がめぐってきた」と語っている<ref name="退場がこわくて野球ができるか P79-P80"/>。近藤はコーチングスタッフの編成で一つだけフロントに注文を出した<ref name="退場がこわくて野球ができるか P128-P129">退場がこわくて野球ができるか、P128-P129</ref>。「[[牧野茂 (野球)|牧野]]、そして杉下と、過去に中日はOBをコーチとして巨人にさらわれている。今度はその逆をやりたいんだが」<ref name="退場がこわくて野球ができるか P128-P129"/>、近藤が白羽の矢を立てるのは[[黒江透修]]だった<ref name="退場がこわくて野球ができるか P128-P129"/>。近藤は黒江について「有能な反面、言いたいことをストレートに口に出して煙たがれるタイプで、そのあたりをフロントの誰かに疎まれたのか、浪々の身だった。人間が仕事上での不平不満を、酒場などで愚痴るのはサラリーマンの世界でもよくあることで、グラウンドで期待してくれれば問題はないと考えたから、コーチとしての彼の能力のみを買って、黒江を自分のチームに迎え入れた」、「結果は成功で、1982年のリーグ優勝は、球界でのキャリアは長かったといえ新米で、ともすれば作戦や用兵で独断専行に陥る危険性があったの僕を、投手コーチだった権藤、作戦コーチだった[[ジム・マーシャル (野球)|ジム・マーシャル]]らと共に助けてくれた。」と著書の中で記している<ref name="退場がこわくて野球ができるか P128-P129"/>。[[戦力外通告|戦力外]]になりかけていた[[平野謙 (野球)|平野謙]]の才能を見抜きレギュラー野手に成長させ、2年目の若手投手[[牛島和彦]]を抑え投手に抜擢し、翌[[1982年]]にリーグ優勝を果たした。この優勝決定試合は大洋戦([[横浜スタジアム]])で、[[長崎慶一|長崎啓二]](大洋)と[[田尾安志]](中日)との間で最後まで争った[[首位打者 (日本プロ野球)|首位打者]]争いで、いまだに語られる田尾の5打席連続敬遠の日であったが、中日は優勝し外野スタンドから大勢の観客がグラウンドに乱入しもみくちゃの観客のいる中で優勝インタビューが行なわれた。インタビューが中盤にさしかかった時に心無いファンに正面から近藤がかぶっていた球団帽を奪い取られた。近藤は一瞬動揺したがインタビュー中で追いかけることもできないため、そのままインタビューに答えている。[[1983年|翌年]]は前年の秋季練習が無く、春のキャンプも主力は「調整」のみという、近藤自ら「大リーグ方式」と言ってはばからなかったが、シーズンに入ると故障者が続出し、練習不足もたたって、ほとんどの主力選手が軒並み前年より成績を落とすなどして5位に沈んで退任した。
[[1985年]]大洋監督に就任。[[高木豊]]、[[屋鋪要]]、[[加藤博一]]の俊足打者3人を1〜3番に据え「[[スーパーカートリオ]]」と銘打った。[[1986年]]退任。
 
[[1989年]]より日本ハムの監督を務める。[[4月10日]]の対ダイエー戦では7回、[[加藤伸一]]による一塁への牽制球をめぐって、最初三塁に投げようとした事がボクではないかと猛抗議し、退場処分となる。63歳6カ月での退場処分は阪神タイガースの監督だった[[1967年]]の[[藤本定義]]の62歳9カ月を抜く、当時の史上最年長記録であり、加えて[[平成]]初の退場者となった。同じ年の[[7月20日]]の対オリックス・ブルーウェーブ戦でも、[[酒井勉]]の牽制球を巡って抗議し、退場処分を受け自らの最年長記録を更新している<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/pro_calendar/1204/kiji/K20120410003018510.html 平成退場1号は大正生まれのダンディー・近藤貞雄]スポーツニッポン 2012年4月10日</ref>。[[1991年]]に退任。
 
以降は中部日本放送野球解説者・[[中日スポーツ]]野球評論家を務める。野球解説者が[[スポーツ新聞]]などに寄稿する場合、実際の記事は解説者から話を聞いた記者([[ゴーストライター]])が書くケースがほとんどといわれている。しかし近藤は、そのような場合自ら記事を書いた。中日スポーツの増田護記者がその理由を聞くと、「話したこととニュアンスが違う(記事になった)ことがあったんだ。それじゃあ自分で書けばいいんだから勉強もしたよ」と答えたという(『中日スポーツ』2006年[[1月3日]])。また、教え子の1人であった板東英二は近藤が「ディスクジョッキーみたいなものをやってみたい」という意向をもっていたことから、それも踏まえて「自分で(記事を)書かなけりゃボケますよ」とアドバイスしたという<ref>板東英二『プロ野球 今年は黙ってられないゾ』青春出版社、1995年、226頁。</ref>。なお、近藤の願望は中部日本放送解説者に復帰した直後の1992年4月に始まったCBCラジオのワイド番組『もぎたてのカボチャたち』のパーソナリティー就任で実現することとなった。
1982年のシーズン最終戦、優勝を賭けた試合前にベンチ裏にビールをずらりと並べ、緊張するナインに「ぐいっと引っかけて度胸を据えて行け」と言ったが、ナインは誰も手を付けず、近藤一人だけが飲んでいたという逸話がある<ref>[[玉木正之]]「プロ野球大事典」[[新潮文庫]]</ref>が、[[鈴木孝政]]が「(この試合は[[小松辰雄]]が完投した事もあり、)用なしだから裏でビールを飲んでた」と発言している<ref>「中日ドラゴンズ 黄金時代の記憶」[[ベースボール・マガジン社]]</ref>。
 
1981年にコーチ兼任になった[[星野仙一]]とはもとより信頼関係は低かったが、中日が優勝した1982年には、登録抹消はされなかったものの衰えが顕著になり登板機会が大幅に減少した。同年6月30日ナゴヤ球場での巨人戦9回表4対2で2点リードの場面で星野が通算3割3分以上打たれている苦手打者[[淡口憲治]]から同点本塁打を打たれる。牛島和彦に後を譲り降板<ref name="ザ・捕手 私が出会った監督・選手たち"/>。近藤は星野に「星野はもう先発要因ではない。リリーフに回れ。」と[[木俣達彦]]によると先発、完投を生きがいにしてきた星野にとって自分をすべて否定された思いに違いないと記している<ref name="ザ・捕手 私が出会った監督・選手たち"/>。先発を外されたうえに、リリーフは牛島の指定席とあって、星野はこの年をもって引退する<ref name="ザ・捕手 私が出会った監督・選手たち"/>。結局このことも相まって、確執に輪をかけた。星野はその後も二度中日監督を務めるなど球団内で圧倒的な権力を誇っていた。しかし彼は阪神監督就任の際に中日OB会を除名されることとなった。近藤は「(中日OB会から)星野を追い出したのが俺の最大の功績だ」と親しい知人に漏らしていた<ref>[[板東英二]]著、「プロ野球知らなきゃ損する」、青春出版社 1984年</ref>。こうした経緯から、星野は近藤の訃報を聞いても通夜・葬儀への出席をしなかったが、死去翌日の一部新聞([[読売新聞]][[読売新聞大阪本社|大阪本社]]版等)には追悼のコメントを寄せていた。星野が監督1年目の開幕投手に[[杉本正 (野球)|杉本正]]を起用したが、これに対して近藤は開幕投手の指名は「今年のエースはお前だ。シーズンを通して頼りにしてるぞ」という監督の意思表示だ。とすれば、小松しかいない。それが杉本だった。杉本もいい投手だが、シーズン通して頼れる投手ではない。第一戦杉本で負けて、第二戦鈴木孝政でも負けた。杉本の開幕投手は外部から分からない事情があったかもしれない。第三戦で登場した小松はプライドを傷つけられはしなかったろうかと述べている<ref>『野球はダンディズム』、19881988年、65、66頁</ref>。<br />しかし、近藤は、著書で星野について、現役時代や監督としての姿勢を高く、評価しており、前述の1982年の引退勧告も、これからの中日のメリットのことを考えてのことだったこともあり、複雑な心境だったと述べていた<ref>『退場がこわくて野球ができるか』より</ref>。
 
また、監督就任時には[[高木守道|髙木守道]]に「君はいいコーチになれるよ」と言い、引退するように仕向けて実現させており、星野と同年には[[木俣達彦]]も引退させている。同年5月23日大洋戦で9回裏9対6で3点リードの場面で鈴木孝政が[[長崎慶一]]にサヨナラ満塁本塁打を打たれる。リードしていた木俣を近藤がリードに問題ありと断罪され、翌日新人の[[中尾孝義]]にマスクを譲り、木俣は代打に専念にするように告げられる<ref name="ザ・捕手 私が出会った監督・選手たち"/>。近藤が起用した中尾は同年MVPを獲得している。代わって投は小松辰雄や牛島ら、打は平野謙らを登用している。投打共に球団のスター選手を引退させ、世代交代を進める役回りを果たしたと言える。
 
チームが勝てば何だっていいというような無責任な考えの応援を快く思っておらず「'''彼らは野球を見に来ているのではない。こういうのは野球ファンとは呼べない'''」と嘆いていた{{要出典|date=2011年2月}}。また、[[長嶋茂雄]]に対しては、前向きな姿勢が立派であると評価していたものの、監督としての能力を心配している部分もあった。そこで、近藤は、[[野村克也]]を参謀にして、長嶋とタッグを組んだらよいのではないかという考えを著書にて、提唱していた<ref>『退場がこわくて野球ができるか』より</ref>。
* 『野球はダンディズム』([[朝日新聞社]]、1988年3月、ISBN 4022558393)
* 『勝つ条件:球界一の魔術師が語る』(アイペック、1988年4月、ISBN 4870470691)
* 『野球はダンディズム’88'88』(朝日新聞社、1989年3月、ISBN 4022559896)
* 『退場がこわくて野球ができるか』(ドリームクエスト、2000年8月、ISBN 492519206X)