「北廻線」の版間の差分

[[1973年]]、台湾東部を大型台風が襲い、東部交通網は深刻な被害を受けた。東西交通問題を解決する方法として蘇花公路の拡幅、新規道路の建設、鉄道建設の3案が検討され、効果が最も高いと判断された鉄道建設が決定。[[蒋経国]][[中華民国総統|総統]]の賛同を得て、十大建設の一つとして同年12月25日に着工、日本統治時代に築かれた部分を利用し、[[1980年]]に全線が開通した。
 
台北と花蓮間の所要時間が劇的に短縮され、更に[[1982年]]の台東線改軌完成後には台北-台東間の直通列車が走り始めたことから乗客は飛躍的に増え、[[自強号]]を始めとする優等列車は慢性的な混雑を示すようになった為、[[1992年]]からは全線の[[複線]]化、[[鉄道の電化|電化]]工事が行われ、この工事により新線の建設とトンネル、橋梁を用いた直線的な線区として生まれ変わることとなった。改良工事は[[2003年]]6月末で大部分が完了し、7月4日に複線化を祝賀する式典が花蓮駅で[[陳水扁]]総統の出席の下、執り行われた。その後も複線化工事は進められ、[[2005年]]1月に完成した。改良工事により列車の高速化と所要時間の短縮化を実現し、台湾東西を連絡する主要交通手段として利用されている。
 
== 運行形態 ==
471

回編集