「ソナチネ (バルトーク)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''[[バルトーク・ベーラ|ベーラ・バルトーク]]'''の《'''ソナチネ'''》は、[[1915年]]に作曲された[[ピアノ曲|ピアノ独奏曲]]である。
 
[[1931年]]に自身で管弦楽曲として編曲し、管弦楽曲版については題名を「'''トランシルヴァニア舞曲'''」に改めている。また同じ1931年に、バルトークの友人であるヴァイオリン奏者の[[アンドレ・ジェルトレル]]が手がけたヴァイオリンとピアノのための編曲が存在する。この編曲版の出版の際に「sur des thèmes paysans de Transylvanie([[トランシルヴァニア]]の農民の主題による)」という副題が附された。
 
*原語曲名:Sonatina:''Sonatina''
*演奏時間:約4分
*作曲時期:1915年
*:管弦楽版は[[1932年]][[1月14日]]に[[ブダペスト]]にて[[マッシモ・フレッチャ]]の指揮によって。
 
== 概説 ==
バルトーク自身が[[ハンガリー王国]]領内(現在[[ルーマニア]]領であるトランシルヴァニア地方)で採集した[[民俗音楽]]の旋律に基づいている、以下の3つの[[楽章]]からなり、5つの旋律が引用(両端楽章はそれぞれ2つずつ)されている。
 
なお、「ソナチネ(小さい[[ソナタ]])」という名前でありながら、3曲の中に[[ソナタ形式]]の曲は存在しない(すべて[[三部形式]]で構成されている)。1944年にAsk the Composerというラジオ番組のバルトーク特集回において、バルトークが「このソナチネは元々、ルーマニア民俗舞曲集として作曲されました。その中から3曲を選んで『ソナチネ』という題名をつけたものです。」と述べているように、古典的な意味のソナチネというよりも「小品集」という意を込めたものと考えられている。
 
== 曲の構成 ==
3つの楽章にはそれぞれタイトルがついているが、管弦楽版では削除されている。また各曲については先述のラジオ放送の際に寄せたバルトーク本人の解説を付記する。
#バグパイプ吹き([[ハンガリー語]]:''Dudások'' /[[英語]]:''Bagpipers'')
[[category:ソナチネ|はるとおく]]
[[Category:バルトークのピアノ独奏曲|そなちね]]
{{リダイレクトの所属カテゴリ
|redirect1=トランシルヴァニア舞曲
|1-1=バルトークの管弦楽曲
|1-2=舞曲
}}
匿名利用者