「ネオジオポケット」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎関連項目: 内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
* ネオジオポケット - [[1998年]][[10月28日]]発売
* ネオジオポケットカラー - [[1999年]][[3月19日]]発売
: カラー液晶を搭載。
* (NEW)ネオジオポケットカラー - 1999年[[10月21日]]発売
: ネオジオポケットカラーの小型・廉価化。
 
== 概要 ==
対戦格闘ゲームの雄だった[[SNK]]が生み出しただけあり、作品も[[対戦型格闘ゲーム]]が中心だった。一般のゲーム機の十字キーに相当する部分はメカニカルスイッチを利用したジョイスティックで、コマンド入力のし易さや親指への負担軽減に一役買っていた。このジョイスティックが評価され、ネオジオポケットは1998年[[グッドデザイン賞]]を受賞している<ref>[http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=24266 Good Design Award]</ref>。デザイナーは[[インターデザイン研究所]]の[[上田幸和]]。
 
* [[ステレオ]]ヘッドホン端子
* ACアダプター端子
* 操作系 - 8方向ジョイスティック、A・Bボタン、OPTIONボタン、電源ボタン、音量調節つまみ
* 内蔵ソフト - 占い、時計・アラーム機能、各種設定機能
* 価格 - 7,800円
 
== 内蔵ソフト ==
カートリッジを挿さずに電源を入れると、以下の機能が利用できる。
* カレンダー
* [[世界時計]]
* 星占い
* アラーム
* 設定
** 言語(日本語・英語)
<!--** モノクロ対応ソフトの表示色(ネオジオポケットカラーのみ)-->
** 日時
 
== カラーバリエーション ==
** クリスタルホワイト(1998年10月28日-)
 
== その他 ==
だぶついていた在庫はアルゼ開発のプライズゲーム PP-AA01 CP-AA02の設定変更用の操作機器として使われるなど転用も行われた。
 
また、ハードの解析や自作プログラムの開発を趣味とする者にとっては、すでに遊び尽くされた感のあったゲームボーイシリーズに代わる格好の材料であり、海外の一部で盛んに解析や開発が行われていた。
 
== 周辺機器 ==
<gallery>
画像:NeoGeoPocketColorFaseleiCart.jpg|専用カートリッジ
画像:Dreamcast NeoGeoPocketLinkAdapter.jpg|ドリームキャスト<br />接続ケーブル
</gallery>
; 専用カートリッジ
: 各ソフトには専用のカートリッジケースが付属していた。カラー対応のものには「COLOR対応」の表記がラベルに入る。ソフトパッケージは大きく分けて3種類あり、本体発売時にはネオジオのソフトケースを意識したプラスチック製のものが使われていたが、1999年後半頃に紙ジャケットを加工したケースへ移行。初期のタイトルが廉価版として再発売された際はこちらのケースへ変更されている。2000年後半頃にさらに簡略化された紙ケースへ移行し最後まで使用された。
; 通信ケーブル
: 本体上面の5ピンコネクターに接続して使用する。2人での対戦が可能。
; 無線ユニット
: 5ピンコネクターに接続、本体上面に固定して使用する。アンテナは発表当初の写真では伸縮式アンテナだったが、実際に市販された物ではぶら下げる形状になっている。電波の届く範囲は半径10メートル程度で、理論的には最大64人まで通信可能。対応ソフトは限られ、対戦格闘ゲームなどの即応性が要求されるソフトには使用できない。
; ACアダプタ
: 専用端子に接続する。モノクロ・カラーとも同じものが使用可能。
; [[ドリームキャスト]]接続ケーブル
: 本体上面の5ピンコネクターに接続して使用。
; ステレオヘッドフォン
: 市販のものでも代用できる。
 
== 主なソフト ==