「都家歌六」の版間の差分

編集の要約なし
*代数未詳 - 上記の当一人物かどうか不明、[[七昇亭花山文]](代数不明)の弟子で小亀から菜の花家双蝶で上方で修行、3代目都々逸坊扇歌門下で歌六になった。[[1902年]][[8月8日]]に横浜新富亭に出演中68歳で亡くなったという歌六が同一人物だという説もある。
*3代目都家歌六 - 後の[[雷門助六#6代目|6代目雷門助六]]。本名は青木鏡太郎。
*4代目都家歌六 - ([[1871年]][[3月6日]] - [[1926年]][[8月8日]])本名は井本亀之助。最初は[[1892年]]2月、[[柳亭左楽#4代目|4代目柳亭左楽]]の門下で柳家栄太郎(栄五郎とも)、[[1896年]]2月、左若を経て[[明治]]30年代後半に[[春風亭柳枝 (4代目)|4代目春風亭柳枝]]の門下で[[柳亭風枝|春風亭楓枝]]となり、更に[[1917年]]ころに[[柳亭左楽#5代目|5代目柳亭左楽]]の門下で歌六になった。晩年は『ここに刈り取る眞紫垣』などと歌いながら踊る、改良剣舞で名を売った。楓枝時代の[[SPレコード]]、[[音曲]]を多く吹き込んでいる。享年55。
*5代目都家歌六 - 後の[[翁家さん馬#8代目|8代目翁家さん馬]]。本名は菅谷徳之助。
*6代目都家歌六 - 後の[[三遊亭圓遊#4代目|4代目三遊亭圓遊]]。本名は加藤遊。
| 配偶者 =
| 家族 =
| 所属 = 日本芸術協会→落語芸術協会(1951年 - 2015年)<br />フリー(2015年 -
| 公式サイト =
| 主な作品 =
9,843

回編集