「ギャロップダイナ」の版間の差分

引用であるという意味があってこの区切り方をしています
(引用であるという意味があってこの区切り方をしています)
=== 戦績 ===
==== 条件馬時代 ====
美浦トレーニングセンターの[[矢野進]]厩舎に入り、1982年7月の[[新潟競馬場|新潟開催]]でデビュー。本開催デビュー馬の筆頭格と目されていたプロメイドを破って初戦勝利を挙げた<ref name="yushun8905" />。矢野は翌年の4歳クラシックへの期待を寄せたが、しかしその後は「精神面と肉体的成長のバランスがあわ(社台ファーム早来場長・[[吉田勝己]])、伸び悩む<ref name="yushun8512" />。2勝目を挙げたのは5歳となった1984年1月の[[ダート]]競走で、以後しばしダートを主体に使われる<ref name="yushun8905" />。4月に中山で3勝目、5月には東京で1600メートルを1分35秒5のレコードタイムで4勝目を挙げ、夏には北海道開催で2連勝を挙げた<ref name="yushun8905" />。
 
6歳となった1986年からは重賞に顔を出しはじめ、2月のダート重賞・[[フェブラリーステークス|フェブラリーハンデキャップ]]で2着。春には芝の重賞・[[京王杯スプリングカップ]]でも3着となり、GI・安田記念で5着と健闘した<ref name="yushun8905" />。充実期に入ったとみた陣営は、夏に得意のダートで態勢を整えたのち、順調ならば年末の有馬記念を最大目標とする計画を立てた<ref name="yushun8512" />。
4,015

回編集