「十河存保」の版間の差分

編集の要約なし
m (+en:)
編集の要約なし
'''十河 存保'''(そごう まさやす、「ながやす」と読む説もあり、[[天文 (元号)|天文]]23年([[1554年]]) - [[天正]]14年[[12月12日 (旧暦)|12月12日]]([[1587年]][[1月20日]]))は[[三好氏]]の一族。実父は[[三好長慶]]の弟・[[三好義賢]]。子に[[十河存英]]。
 
== 経歴 ==
義賢の弟・[[十河一存]]の養子となり、[[1561年]]、一存の死によって家督を相続する。三好氏が[[織田信長]]と敵対したとき、存保は信長と争ったが、やがて四国平定を目指す[[長宗我部元親]]の勢力が伸びてくるとそれに対抗するため、信長と手を結んだ。後に兄である[[三好長治]]が討たれると[[勝瑞城]]に入り、実質上の三好宗家の当主となった。
 
[[1582年]]、信長が四国征伐を計画すると存保はその先鋒として[[讃岐国|讃岐]]や[[阿波国|阿波]]で奮戦したが、同年六月に[[本能寺の変]]が起きて信長が死亡すると存保は後ろ盾を失って勢力が大きく後退し、その後、阿波に攻め込んできた長宗我部軍と[[中富川の戦い]]で激突して敗北し、大坂に逃亡した。
 
[[1585年]]、[[豊臣秀吉]]の[[四国征伐]]に協力したため旧領を秀吉より与えられて大名として復帰したが翌年、秀吉の[[九州征伐]]に従った際、軍監の[[仙石秀久]]の無謀な作戦に巻き込まれて[[戸次川の戦い]]において戦死した。
[[Category:織豊政権の大名|そこうなかやす]]
[[Category:戦国武将|そこうまさやす]]
[[Category:四国地方の歴史|そこうまさやす]]
{{生没年|そこうまさやす|1554年|1587年}}
 
16,653

回編集