「チューチョ・デ・メヒコ」の版間の差分

m
(一部を変更。)
メキシコでの人気を不動のものにしたのち、南米各国で公演を行う。メキシコを訪問した各国来賓の為のレセプションなどで数多く演奏。メキシコ大統領の随員として、明国ホワイトハウスでも数回演奏。当時の米大統領ケネディ、ジョンソン大統領の前でも演奏をする。
 
日本へは1964年に初来日する。以降、17回来日しては、音協、民音などの全国公演、NHKテレビをはじめとして、ラジオやコマーシャルなどで活躍。ヨーロッパ、旧ソ連での公演も大成功をめる。
 
1986年にメンバーの一員であったホセが病に倒れ、トリオを解散する。数十年経過した今もメキシコのラジオからはトリオ・デルフィネスの歌声が流れない日はないというほどの根強い人気を保っている。