「明治図書出版」の版間の差分

編集の要約なし
藤原政雄は先代同様、教師としての立場を経て教育出版業界を志している。
 
 
== 学習書部門の創設 ==
1959年(昭和34年)、50周年記念事業の一般として学習書部門が発足し、「夏休みの絵日記」を発刊。学習書部門の立ち上げにあたっては、社長の藤原政雄が自ら全国の代理店をまわって協力を仰ぎ、現在の礎となる販売網を築いた。これと、教育書の長年の歴史により教育現場へ明治図書の名が浸透していたことにより、順調な成長を遂げる。
 
1961年(昭和36年)、小学校商品では「計算ドリル」「漢字ドリル」「わたしたちの東京」、中学校商品では「ペンマンシップ」、「学級日記」など、現在も発刊されている商品の原型となる商品が新刊ラッシュを迎える。
 
1962年(昭和37年)、現在の学習書部門における主要商品の「整理と対策(当時5教科各130円、2016年現在1,120円)」や「積み上げテスト(当時5教科各50円)」を発刊。入試教材に関しては、いわゆる小尾通達による都立高校の受験制度の変更によって打撃を受けるが、いち早く日常学習・家庭学習の教材を充実させる方針を採り、学習書も現場へ浸透していった。
 
1965年(昭和40年)、大塚社屋落成。
 
 
匿名利用者