「上田駅」の版間の差分

|備考 = 終日駅員配置
}}
[[プラットホーム#形状と配置|単式ホーム]]1面1線を有する高架駅。新幹線開業(1997年10月1日)後の1998年3月29日に、地上駅から高架駅になった。上田電鉄駅務室、自動券売機(2機)、待合室がある。また改札内にトイレがある。駅番号は'''BE01'''
 
高架化以前は、JR(現しなの鉄道)のホームと同位置にホームがあり、連絡橋を渡る形で乗り換えができたが、1998年3月29日に高架化され、ホームは長野側(別所線下り側)に移動している。ホームの壁にはかつて別所線において運用されていた「[[上田温泉電軌デナ200形電車|丸窓電車]]」の丸窓をモチーフにした円形の[[はめ殺し]]窓が配されている<ref name="Shinmai324"/>。高架化以来待合室に隣接して[[荻野屋|おぎのや]]上田駅売店があり、立ち食いそばと[[峠の釜めし]]の販売を行っていた<ref name="Shinmai324"/>が、[[2013年]]2月28日をもって閉店した。おぎのや売店があったスペースにはコインロッカーと上田電鉄のイメージキャラクターをデザインした自動販売機が設置された。また駅事務室に隣接して[[上田交通]][[不動産]]情報コーナーがあったがその後閉鎖され、[[2015年]]9月11日に同コーナー跡に[[地酒]]立ち飲み・[[焼き鳥]]店「やきとり番長」が開店した。
匿名利用者