「竹筋コンクリート」の版間の差分

m
→‎概要: 変換ミスの修正
m (→‎概要: 変換ミスの修正)
等の施工方法を推奨している。但し、このような厳格な施工指針を遵守した場合であっても、大きな曲げ強度の掛かる梁や桁橋においては施工可能なスパンは最大でも4m程度が限界であり、多くは柱や底版、橋脚基部などの圧縮強度が掛かる構造物に用いられる程度に留まり、終戦後間もなく鉄筋材の供給体制が回復し、鉄筋コンクリートが復活すると竹筋コンクリートは瞬く間に廃れていった。
 
日本にいては現在でも一部に竹筋コンクリート構造物が現存し、中には現役の構造物も存在する。また未確認ながら竹筋の可能性が囁かれている現役の構造物もある。他に、[[国際協力機構|独立行政法人国際協力機構 (JICA) ]]が東南アジアの国々において、経済的事情から鉄筋の購入が難しい貧困地域向けの小規模建造物建設技術指導に、戦前の河村・細田の竹筋コンクリート施工法を用いている例がある<ref>[http://www.yonago-k.ac.jp/Archi/grad/2008/25.pdf 竹筋コンクリート造によるJICA 草の根援助プロジェクトへの技術協力]</ref>。東南アジアでも竹材の産出量が多い地域では、均しコンクリートの補強材等として補助的に竹筋コンクリートが施工される例は、元より多く見られる傾向ではある<ref>[http://www.buildinginasia.com/bamboo-reinforced-concrete.html Bamboo Reinforced Concrete Construction]</ref>が、日本の大学などが[[バイオマス]]研究の一環として現地の研究機関と共に技術開発を模索している例も見られる<ref>[http://www.ags.dir.u-tokyo.ac.jp/pages/150/S-13.pdf 東南アジア地域のインフラ整備におけるバイオマス利用の可能性]</ref><ref>[http://www.arch.eng.osaka-cu.ac.jp/kougai/2012/master/051.pdf 曲げとせん断を受ける竹筋コンクリート部材に関する研究]</ref><ref>[https://hispec.sharepoint.com/Pages/brc.aspx もくしつけん 竹筋コンクリート]</ref>。
 
日本以外での本格的な竹筋コンクリートの研究例としては、1966年に[[アメリカ海軍]]土木研究所(現・[[:en:NFESC|NSFEC]])の土木技師、Francis E. Brink及びPaul J. Rushによって「BAMBOO REINFORCED CONCRETE CONSTRUCTION」というレポートが発表されている<ref>[http://www.romanconcrete.com/docs/bamboo1966/BambooReinforcedConcreteFeb1966.htm BAMBOO REINFORCED CONCRETE CONSTRUCTION]</ref>。