「ニンジャ・アサシン」の版間の差分

== あらすじ ==
{{不十分なあらすじ|date=2014年9月4日 (木) 14:58 (UTC)}}
伝説の中の存在と思われていた「忍者」は、現在もまだ影の中に生きており、暗殺を続けている……。かつて[[内臓逆位]]であったため忍者に襲われても生きながらえた老人の話を一笑に伏すヤクザ([[サン・カン]])たちは、次の瞬間、影から現れた何者かによって惨殺された。忍者は実在したのだ。
 
ユーロポールの科学捜査官ミカ・コレッティ(ナオミ・ハリス)は世界中で頻発する要人暗殺事件の背後に忍者の一族がいる事を推理し、同僚のライアン・マスロー(ベン・マイルズ)と共に調査を開始する。ミカは暗殺された元[[KGB]]局員アレクセイ・サバディンが残した忍者にまつわるレポートを手に入れ、彼が最後に対面したという青年の存在を突き止める。青年は忍者でありながら、同じ忍者と壮絶な戦いを繰り広げていた。
匿名利用者