「興玉神」の版間の差分

(画像追加。)
宮比神は、内宮の所管社30社のうち、滝祭神・興玉神に次いで第3位である。御垣内の西北隅にある石畳の上に北向きに鎮座する<ref name="gk"/><ref name="ic3"/>。[[建久]]([[1190年]] - [[1198年]])の年中行事に関する記録によれば、内物忌父ら(大物忌父・宮守物忌父・地祭物忌父ほか)が[[神饌]]を供する役目を担った<ref name="st4">櫻井(1991):244ページ</ref>。御垣内の乾(北西)の方角にあり、内物忌父らが奉仕することは、巽(南東)の方角にあり、外物忌父らが奉仕する[[#屋乃波比伎神|屋乃波比伎神]]と対照をなしていた<ref name="st4"/>。[[近世]]には外物忌父は絶えており、こうした対照は意味をなさなくなった<ref name="st5">櫻井(1991):245ページ</ref>。
 
祭神は社名と同じ宮比神(みやびのかみ)<ref name="ic3"/>。正宮の守護神である<ref name="gk"/>。[[オオミヤノメ|大宮売命(おおみやのめのみこと)]]または猿田彦大神の[[妻]]である[[アメノウズメ|天鈿女命]]の別名であるという<ref name="ic3"/>。
 
== 屋乃波比伎神 ==