「ヘリウム」の版間の差分

m
偽解消仮リンク +分野
m (偽解消仮リンク +分野)
 
=== 産出と利用 ===
[[1903年]]、アメリカ・[[カンザス州]]{{仮リンク|デクスター (カンザス州)|en|Dexter, Kansas}}で石油掘削の[[ボーリング]]が行われたところ、不燃性のガスが湧き出た。カンザス在住の地質学者{{仮リンク|エラスムス・ハワース|en|Erasmus Haworth}}がこれを収集し、[[ローレンス市 (カンザス州)|ローレンス市]]の[[カンザス大学]]で[[化学者]]{{仮リンク|ハミルトン・キャディ|en|Hamilton Cady}}とデイヴィッド・マクファーランドの協力を得て成分解析を行った。その結果、ガスは質量比で窒素 72 %、[[メタン]] 15 %([[酸素]]がなかったため燃焼しなかった)、[[水素]] 1 % と、残り 12 % の成分は解明できなかった<ref>{{cite journal |author = McFarland, D. F. |title = Composition of Gas from a Well at Dexter, Kan |volume = 19|pages = 60–62 |url = http://www.jstor.org/stable/3624173 |year = 1903 |accessdate=2008-07-22 |journal = Transactions of the Kansas Academy of Science |doi = 10.2307/3624173}}</ref>。さらに解析を進めた結果キャディとマクファーランドは、1.84 % はヘリウムであることを突き止めた<ref>{{cite web|publisher=[[American Chemical Society]]|year=2004|url=http://acswebcontent.acs.org/landmarks/landmarks/helium/helium.html|title=The Discovery of Helium in Natural Gas|accessdate=2008-07-20}}</ref><ref>{{cite journal |author = Cady, H.P. |coauthors = McFarland, D. F.|title = Helium in Natural Gas |journal = Science |volume = 24 |issue = 611|pages = 344 |doi = 10.1126/science.24.611.344 |year = 1906 |pmid = 17772798}}</ref>。これによって、地球全体では希少であるヘリウムがアメリカの[[グレートプレーンズ]]地下に大量に存在しており、天然ガスの副産物として入手可能だということが判明した<ref>{{cite journal |author = Cady, H.P.; McFarland, D. F.|title = Helium in Kansas Natural Gas |journal = Transactions of the Kansas Academy of Science |volume = 20 |pages = 80–81 |url = http://mc1litvip.jstor.org/stable/3624645 |year = 1906|accessdate=2008-07-20 |doi = 10.2307/3624645}}</ref>
 
ただし化石燃料とは生成の経緯が異なり、長い年月をかけて[[ウラン]]と[[トリウム]]が[[放射性崩壊]]することによりヘリウムができる。アメリカの主なヘリウム含有ガス田は、ほとんどがカンザス州、オクラホマ州、テキサス州西部の地域にある<ref name="Russia">{{cite web|url= http://docs.google.com/viewer?a=v&q=cache:CpFQMBLWl9UJ:www.rotobo.or.jp/publication/RTNL/2007No.3.pdf+Hugoton+%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%82%B9&hl=ja&gl=jp&pid=bl&srcid=ADGEESgalyXJR-INgQczVHQFmWTyo43-UghhVynT0BCVCp0jA-Zn0kyBImpL1-CbuEs14xXNUaqm-R5R08cNQcXMs2FuIbJeuBPAif-iGTqfa-CNy_ss_OMaiq1mdQj5ylq4X_8ipKA3&sig=AHIEtbQCWR6gU9LmJNQDRKiU8oJWyLlSAA|language=日本語|title=ロシアのヘリウム生産の現状と展望|publisher=日露技術ニュース|author=小川亮|accessdate=2010-06-05}}</ref>。
23,966

回編集