「河野通忠」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
だが、通有の没後、河野氏の家督は異母弟である[[河野通盛|九郎通盛]]が継いでいる。通盛系を正統とする河野氏の系譜『築山本河野家譜』では通盛の生母([[河野通久 (鎌倉時代)|河野通久]]の娘)が通忠を斥けて通盛を当主にして河野氏を繁栄させた筋立てが取られており、『蒙古襲来絵詞』では通有の嫡男として描かれている通忠が、『築山本河野家譜』では[[家督]]を狙って河野家の乱す存在として描かれている。これは通有の没後に[[河野氏]]で家督を巡る内紛が発生し、その結果として通忠が敗れて嫡流が通盛流に移ったことを示すと推測されている。
 
また、通忠の子である[[河野通貞|通貞]]は[[越後国]][[魚沼郡]]上田荘小栗山郷を領していたことが知られており(『[[予章記]]』には[[元亨]]年間に通忠が[[恩賞]]として得たと伝える)、後世の越後河野氏がその子孫であったとみられる。
 
== 参考文献 ==