「長子音」の版間の差分

→‎長子音を用いない言語の長子音: it's not reasonable to use this mark here cause it obscure morpheme boundaries, the only environments where gemination occurs in English
編集の要約なし
(→‎長子音を用いない言語の長子音: it's not reasonable to use this mark here cause it obscure morpheme boundaries, the only environments where gemination occurs in English)
== 長子音を用いない言語の長子音 ==
音韻的には英語に長子音は存在しないが、二つの単語の間にある子音が同じである場合、音声上は以下のように長子音化する事がある。
* this saddle {{IPA|ðɪˈsːædəlðɪˈssædəl}}
* black coat {{IPA|blæˈkːoʊtblæˈkkoʊt}}
* back kick {{IPA|ˈbækːɪkˈbækkɪk}}
* crack cocaine {{IPA|ˌkrækːoˈkeɪnˌkrækkoˈkeɪn}}
 
しかし、重なる子音が[[破擦音]]である場合は起こらない。また、いくつかの方言においては副詞を作る接尾辞 ''-ly'' が {{ipa|l}} の後ろに来た場合なども長子音化する。
* orange juice {{IPA|ˈɒrɪndʒ dʒuːs}}
* solely {{IPA|soʊlːisoʊlli}}
 
==音節均衡の原則==
67

回編集