「巨神兵東京に現わる」の版間の差分

m
本作品ではCGを一切使用しないという制約の下、新旧様々な手法による特撮技術とデジタル合成のみで製作されている<ref>[http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120710_545898.html - 東京都現代美術館の企画展「館長 庵野秀明 特撮博物館」が開催]</ref>。ミニチュアは一部を新造したほか、[[マーブリング・ファインアーツ]]・[[東宝]]・[[特撮研究所]]で保管していたものも総動員された<ref name = "宇宙船YB13" />。
 
2012年11月17日より、『'''巨神兵東京に現わる 劇場版'''』のタイトルで『[[ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q]]』と同時上映された<ref>[http://www.cinematoday.jp/page/N0047646 『ヱヴァQ』同時上映に『巨神兵東京に現わる』が決定!ジブリ鈴木Pの提案で実現! - シネマトゥデイ]</ref>。特撮博物館上映版と違い、エンドロールが付いている他の追加音声の調整に加え、映像の調整として巨神兵の羽や電柱、火花等に3DCGを使用している<ref>[http://cgworld.jp/regular/jcg/011-higuchi.html - CG WORLD.jp 日本にCGフルアニメは根付くのか?: 第11回 樋口真嗣(映画監督・特技監督)]</ref>。 2013年4月24日発売の同作のBD/DVDにも映像特典として収録。
 
[[舞城王太郎]]による「言語」(劇中[[テキスト]])は、雑誌『[[文藝]]』2013年夏季号の「特集:舞城王太郎」に全文掲載された<ref>{{Cite web |url=http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309977928/ |title=文藝 2013年夏季号 |publisher=[[河出書房新社]] |accessdate=2013-04-05}}</ref>。
匿名利用者