「1995年の日本シリーズ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
ヤクルトのデータ分析、経験の多さも一枚上手で、ヤクルトの要である捕手の[[古田敦也]]は、高めのストレートを効果的に使って打球を詰まらせるという戦略で投手をリードし、当時「高め弱点」と言われたイチローを封じることに成功した<ref>{{cite web|url=http://www.jiji.com/jc/v2?id=7h_baseball_05|title=プロ野球2世代写真展 「日本シリーズ」|accessdate=2016年3月5日}}</ref>。
 
4勝1敗という結果だが、このシリーズは第2、3、4戦では3試合連続で延長戦にもつれ込んでいる。前述した古田・ヤクルト投手陣とイチローの勝負の他、[[池山隆寛]]のサヨナラ本塁打、勝利こそ付かなかったが40歳開幕投手の[[佐藤義則]]・[[野田浩司]]・2年前のシリーズMVP[[川崎憲次郎]]らの好投、[[小林宏 (野球)|小林宏]]とオマリーの14球の名勝負、何度もピンチを救った[[馬場敏史]]の好守など、緊迫した多くの見せ場を作った
 
== 試合結果 ==
=== 第1戦 ===
1,030

回編集