「メアリー・アーデンの農場」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''メアリー・アーデンの農場'''(Mary Arden's Farm)は'''メアリー・アーデンの家'''(Mary Arden's House)とも呼ばれており、[[エリザベス朝]]の劇作家[[ウィリアム・シェイクスピア]]の母[[メアリー・シェイクスピア]](メアリー・アーデン)が所有していた農場である。ウィルムコート村にあり、ウィリアム・シェイクスピアの家があった[[ストラットフォード・アポン・エイヴォン]]からは4キロほど離れている。メアリー・アーデンの農場は何世紀も農場として稼働していたため、現在も良い状態で保存されている。[[シェイクスピア・バースプレイス・トラスト]]が1930年にこの家を購入し、[[チューダー朝]]ふうに改装した<ref>{{cite web|url = http://www.shakespeare.org.uk/visit-the-houses/mary-ardens-farm.html |title = Mary Arden's House (the mother of William Shakespeare)|publisher = Shakespeare Birthplace Trust|accessdate=20160419}}</ref>。
 
2000年に、「メアリー・アーデンの農場」として保存されていた建物は実は友人で隣人だったアダム・パーマーの家であったことがわかった。このため、「メアリー・アーデンの農場」と呼ばれていた建物は「パーマーの農場」に改名された。パーマーの農場のそばにあり、アーデン一家のものだった家は1968年にシェイクスピア・バースプレイス・トラストに買い上げられていたが、トラストはこの家の実際の来歴には全く気付いておらず、農場の庭などを保存する一環としてこの家を購入していた<ref>The Shakespeare Houses - The Official Guide, Revised 2008, ISBN 978-0-7117-2949-0</ref>。この家はアーデン家のものであったことが判明する以前は「グリーブ農場」(Glebe Farm)という名前で呼ばれていた<ref>Stanley Wells, ''Shakespeare: For All Time'' (Oxford University Press, 2004), p. 5.</ref>。メアリーの父であるロバートはウィルムコートの現在、メアリー・アーデンの農場が保存されているあたりに「アスビーズ」(Asbies)と呼ばれる地所を所用しており、1556年の遺言でこの地所をメアリーに残している<ref>Stanley E. Wells, Erin Sullivan, ''The Oxford Companion to Shakespeare'' (Oxford University Press, 2015), p. 557.</ref>。メアリーは1556年から1558年の間にジョン・シェイクスピアと結婚しており、結婚後は夫のジョンがこの地所を管理する責任を持っていたと考えられる<ref name=odnb>Peter Holland, ‘Shakespeare, William (1564–1616)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004; online edn, Jan 2013,doi:10.1093/ref:odnb/25200 </ref>。
 
[[ヴィクトリア朝]]のレンガが使われているにもかかわらず、この家は16世紀、とりわけ1573年頃の農場の生活を反映するものとして保存されている。農場では稀少種の動物が多数飼育されており、[[マンガリッツァ]]豚、タムワース豚、コッツウォルド羊、[[ロングホーン]]牛、バゴットやぎ、ゴールデン・ガーンジーやぎ、ガチョウ、ズキンハゲワシなどの猛禽もいる