「奉公」の版間の差分

その後、鎌倉幕府の支配が日本全国の武士に向けて広がっていく一方で、[[源氏嫡流]]の断絶によって鎌倉殿と御家人との間の個人的なつながりが希薄となると、組織としての鎌倉幕府と御家人との間の「御恩と奉公」へと変化していき、また本来は鎌倉幕府に仕える御家人であった北条氏が執権として幕府の実権を掌握すると、その内容も希薄化していった。
 
特に北条氏の嫡流である[[得宗]]との間で「御恩と奉公」の関係を結ぶ[[御内人]]が幕府内部にも進出してきたことは、その傾向に拍車をかけた。鎌倉幕府の法律書である『[[沙汰未練書]]』には、「外様者将軍家奉公地頭御家人等事也」「御内トハ相模守殿御内奉公人事也」と記され、鎌倉殿と「御恩と奉公」の関係にない[[陪臣]]である御内人(ただし[[諏訪氏]]のように御内人の中には御家人を兼ねていた者もいる)が幕府で一定の地位を占める現状を示している。
 
だが、それによって[[外様]]として幕府の中央から排除された御家人たちの不満を高め、鎌倉幕府の滅亡をもたらした[[元弘の乱]]の際には多くの御家人は中立もしくは[[倒幕]]側に回り、北条氏ならびに同氏と「御恩と奉公」の関係にあった御内人が幕府の滅亡と運命を伴にすることとなった。なお、北条氏における御内人と同じようにそれ以外の御家人にも「御恩と奉公」の関係にある従者は存在していた。だが、その多くは私的関係に留まっており、幕府や北条氏における従者との主従関係と比較すると、より従属性の強いものであった。