「新日本プロレス」の版間の差分

編集の要約なし
* 11月19日、[[NEVER無差別級王座]]を設立。初代王者は[[田中将斗]]。
* 11月、第1回「[[WORLD TAG LEAGUE]]」を開催。優勝は後藤洋央紀&[[カール・アンダーソン (プロレスラー)|カール・アンダーソン]]組。
* 12月、テレビ朝日系列の番組[[大改造!!劇的ビフォーアフター]]に老朽化が進んでいた新日本プロレスの選手寮(アントニオ猪木邸が前身)のリフォームを依頼して建築家の[[柴田達志]]が設計を担当<ref name="beforeafter">[http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2024594/full/ 新日本プロレス 選手寮のリフォームを『ビフォーアフター』に依頼] ORICON STYLE(2013年5月15日)</ref>。費用は4000万円。
; 2013年
* 1月4日、東京ドーム大会「[[レッスルキングダム (プロレス興行)#レッスルキングダム7 〜EVOLUTION〜 IN 東京ドーム|レッスルキングダム7 〜EVOLUTION〜 IN 東京ドーム]]」を開催。
* 2月23日、アメリカで新日本プロレスと[[ROH]]が業務提携を結んだことを発表。
* 8月10日、西武ドーム大会を開催。
* 12月1日、新日本プロレスと[[テレビ朝日]]の共同運営サービス「[[新日本プロレスワールド]]」の発表記者会見が行われた<ref>{{cite web|url=http://www.njpw.co.jp/news/detail.php?nid=12849|title=【WK9】「会員100万人を目指しましょう!!」(棚橋)月額999円で動画が見放題!! 話題の新サービス『新日本プロレスワールド』が発進!!【会見】|work=新日本プロレス公式サイト|accessdate=2014-12-1}}</ref><ref>{{cite web|url=http://www.njpw.co.jp/news/detail.php?nid=12845|title=【WK9】「新日本プロレスワールド」は月額999円で見放題の配信サービス!! 1.4東京ドームも完全配信! 『燃えろ!新日本プロレス』などアーカイブも超充実!|work=新日本プロレス公式サイト|accessdate=2014-12-1}}</ref>。
; 2015年
* 1月4日、東京ドーム大会「[[レッスルキングダム (プロレス興行)#レッスルキングダム9 IN 東京ドーム|レッスルキングダム9 IN 東京ドーム]]」を開催。
{{main|ZERO1}}
; [[プロレスリングZERO-ONE]]→プロレスリングZERO1-MAX→プロレスリングZERO1
2001年3月2日、両国国技館で行われたプロレスリングZERO-ONEの旗揚げ戦に[[永田裕志]]が参戦。2002年5月2日、新日本プロレス東京ドーム大会に[[橋本真也]]と[[UFO (プロレス)|UFO]]の[[小川直也]]のタッグチーム「[[OH砲 (プロレス)|OH砲]]」が参戦。2006年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に[[大谷晋二郎]]、[[高岩竜一]]、[[田中将斗]]、[[佐藤耕平]]、[[崔領二]]、[[佐々木義人]]、[[KAMIKAZE (プロレスラー)|神風]]が参戦。5月31日、[[中西学]]とプロレスリングZERO1-MAXの[[大森隆男]]がタッグチーム「[[ワイルド・チャイルド]]」を結成。6月24日、プロレスリングZERO1-MAXディファ有明大会で中西学とプロレスリングZERO1-MAXの大森隆男のタッグチーム「ワイルド・チャイルド」が佐藤耕平&崔領二組の[[NWAインターコンチネンタルタッグ王座]]を獲得。7月17日、新日本プロレス札幌月寒大会で中西学とプロレスリングZERO1-MAXの大森隆男のタッグチーム「ワイルド・チャイルド」が[[真壁刀義]]&[[越中詩郎]]組のIWGPタッグ[[暫定王座]]を獲得。9月20日、[[蝶野正洋]]と[[天山広吉]]のタッグチーム「[[蝶天タッグ]]」の[[IWGPタッグ王座]]が剥奪され、中西学とプロレスリングZERO1-MAXの大森隆男のタッグチーム「ワイルド・チャイルド」が正式にIWGPタッグ王者となった。2007年9月9日、新日本プロレス東金アリーナ大会に大谷晋二郎が参戦。2008年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に高岩竜一、田中将斗が参戦。3月2日、プロレスリングZERO1-MAX後楽園ホール大会に中西学、[[金本浩二]]、[[田口隆祐]]、[[高橋裕二郎]]、[[内藤哲也]]、[[平澤光秀]]が参戦。3月2日、プロレスリングZERO1-MAX後楽園ホール大会に[[中邑真輔]]が参戦。3月25日、プロレスリングZERO1-MAX旭川地場産業振興センター大会に中西学、平澤光秀が参戦。3月26日、函館市民体育館大会に中西学、平澤光秀が参戦。3月29日、プロレスリングZERO1-MAX札幌テイセンホール大会に中西学、平澤光秀が参戦。4月29日、プロレスリングZERO1-MAX後楽園ホール大会に蝶野正洋が参戦。5月10日、プロレスリングZERO1-MAX大阪府立体育会館第2競技場大会に中西学、金本浩二、田口隆祐、高橋裕二郎が参戦。5月21日、プロレスリングZERO1-MAX、Zepp Fukuoka大会に中西学、金本浩二が参戦。5月25日、プロレスリングZERO1-MAX名古屋テレピアホール大会に中西学、金本浩二が参戦。5月29日、プロレスリングZERO1-MAX後楽園ホール大会に永田裕志、中西学、[[田中稔 (プロレスラー)|田中稔]]、高橋裕二郎、内藤哲也が参戦。8月、田中将斗がヒールユニット「[[CHAOS (プロレス)|CHAOS]]」のメンバーに加わり、新日本プロレスに参戦。10月12日、プロレスリングZERO1-MAX栃木県総合文化センター大会に永田裕志、平澤光秀が参戦。10月13日、プロレスリングZERO1-MAX両国国技館大会で永田裕志が田中将斗の[[ZERO1 世界ヘビー級王座|世界ヘビー級王座]]を獲得。12月17日、プロレスリングZERO1-MAX新宿FACE大会に永田裕志が参戦。2009年1月1日、プロレスリングZERO1後楽園ホール大会で金本浩二とプロレスリングZERO1の大谷晋二郎と高岩竜一のユニット「[[トンガリ・コーンズ]]」が一夜限りの復活。1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に田中将斗が参戦。2月27日、プロレスリングZERO1後楽園ホール大会に永田裕志が参戦。9月27日、神戸ワールド記念ホール大会で[[邪道 (プロレスラー)|邪道]]と[[外道 (プロレスラー)|外道]]がプロレスリングZERO1の田中将斗とユニット「[[コンプリート・プレイヤーズ]]」を再結成。10月12日、新日本プロレス両国国技館大会に大谷晋二郎と田中将斗と佐藤耕平が参戦。2010年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に田中将斗が参戦。2011年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に田中将斗が参戦。5月26日、新日本プロレス後楽園ホール大会でプロレスリングZERO1の田中将斗と邪道と外道のユニット「コンプリート・プレイヤーズ」に[[高橋裕二郎]]がメンバーーに加わった。10月2日、プロレスリングZERO1靖国神社大会に[[天山広吉]]が参戦。10月3日、新日本プロレス後楽園ホール大会に大谷晋二郎が参戦。2012年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に田中将斗が参戦。2013年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に[[橋本大地 (プロレスラー)|橋本大地]]が来場、大谷晋二郎、田中将斗が参戦。2月3日、新日本プロレス後楽園ホール大会に田中将斗が参戦。5月3日、新日本プロレス福岡国際センター大会に田中将斗が参戦。同年7月20日、新日本プロレス秋田市立体育館大会に田中将斗が参戦。9月29日、新日本プロレス神戸ワールド記念ホール大会に田中将斗が参戦。11月9日、新日本プロレス大阪府立体育会館大会に田中将斗が参戦。
 
=== WRESTLE-1 ===
=== みちのくプロレス ===
{{main|みちのくプロレス}}
1993年3月16日、みちのくプロレス旗揚げ直後から[[獣神サンダー・ライガー]]と[[ザ・グレート・サスケ]]が良好な関係を築いている。[[MEN'Sテイオー|テリー・ボーイ]]が[[学生プロレス]]出身であったために学生プロレスを嫌う風潮にあった新日本プロレスの選手から疎外され袋叩きにされる事態があったが後にプロレスに対する姿勢を目の当たりにした[[大谷晋二郎]]が報道陣の前で土下座して詫びしたことでわだかまりは解けている。9月29日、みちのくプロレス青森県民体育館大会に[[エル・サムライ]]と当初、獣神サンダー・ライガーが参戦予定だったが骨折したため代打で大谷晋二郎が参戦。1996年4月29日、新日本プロレス東京ドーム大会で「アメリカンドリームマッチ」として[[武藤敬司]]の化身「[[武藤敬司#グレート・ムタ|グレート・ムタ]]」対[[新崎人生]]の化身「[[新崎人生#白使(ハクシ)|白使]]」が実現しグレート・ムタが勝利。1999年1月8日、みちのくプロレス札幌中島体育センター大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。4月10日、新日本プロレス東京ドーム大会で獣神サンダー・ライガーとみちのくプロレスのザ・グレート・サスケが[[ケンドー・カシン]]&[[ドクトル・ワグナー・ジュニア]]組の[[IWGPジュニアタッグ王座]]を獲得。7月13日、新日本プロレス岩手県営体育館大会にザ・グレート・サスケが参戦。2001年2月18日、武藤敬司が結成したユニット「[[BATT (プロレス)|BATT]]」に新崎人生がメンバーに加わり、新日本プロレスに参戦。4月9日、新日本プロレス大阪ドーム大会に新崎人生が参戦。7月20日、新日本プロレス札幌ドーム大会に新崎人生が参戦。8月19日、みちのくプロレス、ニューワールド仙台大会に武藤敬司、[[ヒロ斎藤]]、[[後藤達俊]]が参戦し、武藤敬司が化身「[[武藤敬司#黒使無双|黒使無双]]」になって新崎人生の化身「白使」と初タッグを結成。2002年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会にザ・グレート・サスケ、[[タイガーマスク (4代目)|タイガーマスク]](4代目)が参戦。2002年2月、みちのくプロレスのタイガーマスク(4代目)が1年間、新日本プロレスのシリーズに帯同。12月16日、タイガーマスク(4代目)が新日本プロレスに円満移籍することを発表。2003年9月23日、みちのくプロレス安比高原スキー場大会に獣神サンダー・ライガー、[[金本浩二]]、タイガーマスク(4代目)が参戦。2004年2月22日、みちのくプロレス後楽園ホール大会に[[井上亘]]が参戦。2005年8月28日、みちのくプロレス、ニューワールド仙台大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。2006年9月30日、みちのくプロレス新宿FACE大会にタイガーマスク(4代目)が参戦。2007年1月13日、みちのくプロレス矢巾町民総合体育館大会にタイガーマスク(4代目)が参戦。6月14日、みちのくプロレス阿南市スポーツ総合センター・サブアリーナ大会にタイガーマスク(4代目)が参戦。2008年6月20日、みちのくプロレス後楽園ホール大会にタイガーマスク(4代目)が参戦。2009年12月12日、みちのくプロレス後楽園ホール大会「[[宇宙大戦争 (プロレス興行)|宇宙大戦争]]」に獣神サンダー・ライガーが参戦。2011年12月14日、新日本プロレス後楽園ホール大会にザ・グレート・サスケが参戦。2012年6月24日、みちのくプロレス滝沢村大釜幼稚園体育館大会に獣神サンダー・ライガーが参戦。2013年11月4日、みちのくプロレス岩手県営体育館大会にタイガーマスク(4代目)が参戦。
 
=== 大阪プロレス ===
== オフィシャル動画サイト ==
* [[新日本プロレスワールド]]
: 新日本プロレスと[[テレビ朝日]]が共同で運営するインターネットテレビ局。
: 新日本プロレスの試合をLIVE配信したり、過去の試合や煽りVTR、その他様々な動画を配信している他、著名人によるコラムも寄稿される。会員登録は無料だが動画を視聴するには毎月999円の支払いが必要である(一部の動画は無料で視聴できる)。
 
== 試合中継 ==
匿名利用者